D3 矢田 詩歩

YADA Shiho

学歴

2009 年 3月
三重県立四日市高等学校普通科国際科学コース 卒業
2014 年 3月
奈良女子大学理学部化学科 卒業
2016 年 3月
奈良女子大学大学院人間文化研究科博士前期課程化学専攻 修了
2016 年 4月
奈良女子大学大学院人間文化研究科博士後期課程共生自然科学専攻 入学
(指導教員 吉村倫一 教授)
現在に至る

学外活動

2014年12月~2016年3月
東京大学物性研究所 外来研究員 (受入教員 柴山充弘 教授)

2016年4月~2017年3月
大学共同利用機関法人 高エネルギー加速器研究機構 来訪研究員(受入教員 清水伸隆 准教授)

2016年4月~2018年3月
公益財団法人 高輝度光科学研究センター 研究生(受入担当 太田昇 博士)

専門

コロイド・界面化学

研究内容

1. 高性能および高機能化を目指した新規界面活性剤の開発
高性能および高機能化を目指した新しい構造の界面活性剤の開発を行っています。例えば、ポリオキシエチレン鎖に鎖長分布をもたない単一鎖長の末端基修飾型ポリオキシエチレン系非イオン界面活性剤を分子設計・合成し、曇点や静的・動的表面張力などの基本的な物性評価、さらには放射光施設のX線小角散乱(SAXS)、中性子小角散乱(SANS)、動的・静的光散乱(DLS、SLS)、低温透過型電子顕微鏡(cryo-TEM)、レオロジーなどを用いた会合体のナノ構造解析まで幅広く研究を展開しています。物性と分子構造の関係を調べることで社会に貢献したいと考えています。

2.X線および中性子小角散乱を用いた分子集合体のナノ構造解析
界面活性剤などが水溶液中で形成する分子集合体のナノ構造について、SPring-8のBL40B2およびBL19B2に設置のX線小角散乱(SAXS)およびJ-PARCのBL15大観に設置の中性子小角散乱(SANS)を用いて詳しく調べています。SAXSおよびSANSを組み合わせたモデル解析により精密な構造解析に取り組んでいます。
SPring-8で学ぶ学生たち

3. 新規界面活性剤を保護剤に用いた金ナノ粒子の構造と触媒活性
新規界面活性剤を保護剤に用いた金ナノ粒子を調製し、透過型電子顕微鏡(TEM)、低温透過型電子顕微鏡(cryo-TEM)、X線小角散乱(SAXS)などにより金ナノ粒子の構造を調べ、さらに、これらの金ナノ粒子を触媒としたp-ニトロフェノールの還元反応やDPPHのラジカル消去活性を調べています。界面活性剤の分子構造や濃度が金ナノ粒子の構造に与える影響や、金ナノ粒子の構造が触媒活性に与える影響について検討しています。

受賞

1. 日本油化学会第2回オレオマテリアル学術交流会ポスター賞(2018)
2. 平成29年度大学院人間文化研究科奨励賞(2018)
3. 日本油化学会第1回オレオマテリアル学術交流会ポスター賞(2017)
4. 社団法人佐保会(奈良女子大学同窓会) 奨学生表彰(2016)
5. 第67回コロイドおよび界面化学討論会 ポスター賞(2016)
6. 日本油化学会第55回年会 ポスター賞(2016)
7. 日本学生支援機構 奨学金全額返済免除(2016)
8. 2015年度色材研究発表会 最優秀ポスター賞
9. 日本油化学会第54回年会 学生奨励賞(2015)
10. 第4回CSJ化学フェスタ2014 優秀ポスター発表賞
11. 日本油化学会第53回年会 学生奨励賞(2014)

その他特記事項

1. SPring-8大学院生提案型課題(旧 萌芽的研究支援課題)

(1) 2018A1688 「多分岐鎖を有する単一鎖長ポリオキシエチレン系非イオン界面活性剤の分子集合体のナノ構造解析 」

(2) 2017B1696 「アルコキシ基修飾単一鎖長ポリオキシエチレン系非イオン界面活性剤の分子集合体のナノ構造解析」

(3) 2016B1762 「四級アンモニウム系新規イオン液体中におけるポリオキシエチレン系非イオン性界面活性剤の集合体構造解析」

(4) 2016A1669 「低重合度ポリオキシエチレン系両親媒性オリゴマーのミセル構造解析とミセル構造に及ぼす鎖長・重合度・分布の影響」

(5) 2015A1987 「環境負荷低減型単一鎖長ポリオキシエチレン-ポリオキシプロピレン系非イオン性界面活性剤の会合挙動に及ぼす温度の影響」

(6) 2014B1767 「環境負荷低減型ポリオキシエチレン-ポリオキシプロピレン系非イオン性界面活性剤の会合体のナノ構造解析」

2. 東京大学物性研究所外来研究員

(1)平成27年度前期「単一鎖長ポリオキシエチレンーポリオキシプロピレン系非イオン性界面活性剤のレオロジーに関する研究」

(2)平成26年度後期「ポリオキシエチレン系非イオン性界面活性剤のレオロジーに関する研究」

発表論文

1. K. Matsuoka*, R. Omori, S. Yada, T. Yoshimura, and H. Iwase

“Solubilization ability of N,N-dimethyl-N-alkyladamantylammonium bromide”,
J. Mol. Liq. 260, 131-137 (2018). 10.1016/j.molliq.2018.03.078


2. S. Yada, T. Suzuki, S. Hashimoto, and T. Yoshimura*,

“Adsorption Dynamics of Homogeneous Polyoxypropylene-Polyoxyethylene Alkyl Ether Type Nonionic Surfactants at Air/Water Interface”,
J. Mol. Liq. 255, 208-214 (2018). 10.1016/j.molliq.2018.01.150

3. S. Yada, T. Suzuki, S. Hashimoto, and T. Yoshimura*,

“Adsorption and Aggregation Properties of Homogeneous Polyoxypropylene-Polyoxyethylene Alkyl Ether Type Nonionic Surfactants”,
Langmuir 33, 3794-3801 (2017). 10.1021/acs.langmuir.7b00104

総説・解説

1. 吉岡 優惟子,矢田 詩歩, 吉村 倫一,

「分岐2鎖型界面活性剤の水溶液物性に及ぼす親水基と疎水鎖の影響」,
Colloid & Interface Communication (2018) in press.

2. 矢田 詩歩, 吉村 倫一,

「単一鎖長ポリオキシプロピレン-ポリオキシエチレン系非イオン界面活性剤の開発」,
化学工業 69, 41-46 (2018).

依頼/招待講演

1. 企業での社内講演会,

「単一鎖長ポリオキシエチレン系非イオン界面活性剤の開発」(○矢田詩歩),
企業,2018年2月21日.

2. 第12回女子中高生のための関西科学塾,

「想定外!?化学の道に進み、進学した理由」(○矢田詩歩),
国立研究開発法人科学技術振興機構女子中高生の理系選択支援プログラム,
奈良女子大学(奈良),2017年7月30日.

3. 第67回コロイドおよび界面化学討論会・一般シンポジウム「高純度化による界面活性剤の新たな価値創造」,

「単一鎖長ポリオキシプロピレン‐ポリオキシエチレン系非イオン性界面活性剤‐特異な物性発現とミセル構造‐」(○吉村倫一,矢田詩歩),
1SC-06,日本化学会コロイドおよび界面化学部会,北海道教育大学旭川校(旭川),2016年9月22日.

4. 日本油化学会年会第55回年会・主題シンポジウム①「小角散乱でナノ構造を知る」,

「X線小角散乱を用いた界面活性剤分子集合体のナノ構造」(○矢田詩歩,吉村倫一),
1SC-06,日本油化学会,奈良女子大学(奈良),2016年9月7日.

国際会議

1. S. Yada, Y. Yoshioka, T. Yoshimura, and T. Koda,

“Adsorption and aggregation properties of homogeneous polyoxyethylene type nonionic surfactants with two multi-branched chains”,
8th International Colloids Conference, Shanghai, China, June 10, 2018

2. S. Yada, M. Wakizaka, T. Yoshimura, H. Shimosegawa, H. Fujita, and Y. Matsue,

“Unique adsorption behavior at air/water interface of amino acid-type surfactants of N-acyl-N-(2hydroxyethyl)-β-alanine with hydroxy group”,
8th International Colloids Conference, Shanghai, China, June 10, 2018

3. R. Kawai, S. Yada, T. Yoshimura, S. Hashimoto, and T. Suzuki,

“Properties of quaternary ammonium salt-type gemini ionic liquids and surface adsorption behavior of polyoxyethylene-type nonionic surfactant in ionic liquid”,
8th International Colloids Conference, Shanghai, China, June 10, 2018

4. S. Yada, T. Yoshimura, S. Hashimoto, and T. Suzuki,

“Aggregation behavior of homogeneous polyoxyethylene type nonionic surfactants modified with terminal group”,
16th Conference of the International Association of Colloid and Interface Scientists (IACIS), Rotterdam, Netherlands, May 22, 2018

5. S. Yada, Y. Yoshioka, T. Yoshimura, and T. Koda,

“Aggregation behavior of homogeneous polyoxyethylene type nonionic surfactants with multi-branched chains”,
16th Conference of the International Association of Colloid and Interface Scientists (IACIS), Rotterdam, Netherlands, May 22, 2018

6. S. Yada, T. Yoshimura, S. Hashimoto, and T. Suzuki,

“Static and Dynamic Adsorption at Air-Water Interface for Homogeneous Polyoxypropylene-Polyoxyethylene Type Nonionic Surfactants”,
The 8th International Symposium on Surface Science (ISSS-8), 3PA-69, Tsukuba (Tsukuba International Congress Center), Japan, October 23, 2017

7. R. Kawai, S. Yada, T. Yoshimura, S. Hashimoto, and T. Suzuki,

“Surface Adsorption Behavior of Nonionic and Ionic Surfactants in Quaternary Ammonium Salt-type Ionic Liquids”,
The 8th International Symposium on Surface Science (ISSS-8), 3PA-71, Tsukuba (Tsukuba International Congress Center), Japan, October 23, 2017

8. S. Yada, and T. Yoshimura,

”Homogeneous polyoxyethylene type nonionic surfactants with alkoxy or polyoxypropylene terminal group: adsorption and aggregation properties”,
7th International Colloids Conference, P-269, Sitges (Hotel Melia), Spain, June 19, 2017

9. T. Yoshimura, M. Nagano, and S. Yada

“Nonionic amphiphilic oligomers with multi-polyoxyethylene side chains and one alkyl chain: Adsorption and aggregation properties”,
7th International Colloids Conference, P-271, Sitges (Hotel Melia), Spain, June 19, 2017

10. S. Yada, and T. Yoshimura,

“Nano-Structural Analysis of Aggregates Formed by Homogeneous Polyoxyethylene Type Nonionic Surfactants with Methoxy or Ethoxy Terminal Group”,
The 11th SPSJ International Polymer Conference (IPC 2016), 14P-G2-135a,
Fukuoka (Fukuoka International Congress Center), Japan, December 14, 2016

11. M. Nagano, S. Yada, and T. Yoshimura,

“Nano-structural analysis of aggregates formed by single-alkyl chain containing nonionic amphiphilic oligomers with multi-polyoxyethylene side chains”,
The 11th SPSJ International Polymer Conference (IPC 2016), 14P-G2-172b,
Fukuoka (Fukuoka International Congress Center), Japan, December 14, 2016

12. S. Yada, and T. Yoshimura,

“Adsorption and Aggregation Properties of Homogeneous Polyoxypropylene- Polyoxyethylene type Nonionic Surfactants without Molecular Weight Distribution”,
The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2015), MACR 455,
Honolulu (Hawaii Convention Center), Hawaii, USA, December 16, 2015

13. S. Yada, and T. Yoshimura,

“Synthesis and Solution Properties of Homogeneous Polyoxypropylene-Polyoxyethylene Type Nonionic Surfactants”,
6th Asian Conference on Colloid and Interface Science (ACCIS 2015 Japan), P-126,
Sasebo (Arkas SASEBO), Japan, November, 25, 2015

国内の学会発表

こちらから

メッセージ

学部4年時からコロイド・界面化学を専門とした吉村研究室に所属し、研究を始めて5年目になります。界面活性剤の合成から物性評価、放射光施設を用いた構造解析まで幅広く研究に取り組み、多くの学会発表を経験するなかで研究にやりがいを感じ、”界面化学”の世界に魅了されました。「もう少し研究を続けたい!この分野を極めたい!」という気持ちが強くなり、博士後期課程に進学し、研究を続けています。将来はこれまでの経験を活かし、基礎研究と企業の応用研究を繋ぐ架け橋になりたいと考えています。そのためには多くの実験に関する知識や経験が必要と考えており、現在はさまざまな角度の測定による物性および構造評価に取り組んでいます。今後はこれらの経験を積むことで、自分のものにできるよう研究に励んでいきたいと思っています。

所属学会

日本化学会(2014年~)
日本化学会コロイドおよび界面化学部会(2014年~)
日本油化学会(2014年~)
色材協会(2015年~)
高分子学会(2015年~)

所有する技術

NMR、ESI-MS、静的表面張力、動的表面張力、電気伝導度、界面粘弾性、動的光散乱(DLS)、X線小角散乱(SAXS)、粘度、透過型電子顕微鏡(TEM)、光学顕微鏡、蛍光、UV、溶液安定性評価装置タービスキャン、走査電子顕微鏡(SEM)
(元素分析、粘弾性、水晶発振子(QCM)、低温透過型電子顕微鏡(cryo-TEM)、X線吸収微細構造(XAFS))

勉強中の技術・・・中性子小角散乱(SANS)、X線反射率

ページの先頭へ