学会発表

トップページ
研究紹介
    片岡 靖隆
    浦 康之
スタッフ
メ ンバー
研究 室の行事
学 会発表

 
 


 (2014年10月27日現在)
2014

◆第61回有機金属化学討論会 (9/23〜25、九州大学)
P2C-33 篠 知美; 東中川朋恵; 浦 康之; 片岡靖隆

η1型で配位したインデニル基を有するイリジウムIII価πアリル錯体の合成反応における立体選択性の制御」

P3C-02 下川礼奈; 河田有未; 浦 康之; 片岡靖隆
「ベンジルパラジウム錯体と酸素との反応における塩化物イオン源の加速効果」


◆錯体化学会第64回討論会 (9/18〜20、中央大学)
1PA-22 杉岡沙耶; 山科友香理; 浦 康之; 片岡靖隆
「カルボン酸を側鎖に有するパラジウムおよび白金ティアラ型錯体の合成と構造」

1PD-012 後藤 茜; 坂野希望; 浦 康之; 片岡靖隆
「Ind-P配位子を有するイリジウムIII価シリルエノールエーテル錯体の合成」


XXVI International Conference on Organometallic Chemistry (ICOMC2014) (7/13〜18, Royton Sapporo, Sapporo)
1P224
 URA, Yasuyuki; YAMASHINA, Yukari; KATAOKA, Yasutaka
”Inclusion of Iodine Molecule in a Tiara-like Octanuclear Palladium Complex”

2P086
 AOYAGI, Nozomi; FUKUZAWA, Hiroko; URA, Yasuyuki; KATAOKA, Yasutaka
”Linear Codimerization of N-Vinylamides with Electron-deficient Alkenes via Ruthenacyclopentanes”

3P054
 SHIMOKAWA, Reina; KAWADA, Yumi; URA, Yasuyuki; KATAOKA, Yasutaka
”Effect of the Addition of Chloride Ion Sources on the Reaction of an SNS-Benzylpalladium Complex toward O2

3P101 SAKANO, Nozomi; URA, Yasuyuki; KATAOKA, Yasutaka
”Preparation of a Chiral Silyl Compound Having a Silicon-centered Chirality Using the Iridium Complex Bearing the Ind-P Ligand”



第94回日本化学会春季年会(3/27〜30、名古屋大学)
2PB-40 青柳 希; 福沢紘子; 浦 康之; 片岡靖隆

「エナミドと電子不足アルケンの酸化的環化によるルテナシクロペンタンの合成と反応性」

2PB-43 遠藤真理子; 小寺 恵; 山本 緑; 浦 康之; 片岡靖隆
「ルイス酸-ルイス塩基複合触媒に利用可能なInd-PO配位子を有するIr(III)ハロゲン錯体の合成」

2PB-44 黒沼景子; 浦 康之; 片岡靖隆
「キラルなアルキルホスフィンとインデン環によるキレート配位子を有するイリジウムIII価メチルヨウ素錯体の合成」

3C1-06 山科友香理; 浦 康之; 片岡靖隆
「パラジウム8核ティアラ型錯体[Pd(μ-SCH2CO2Me)2]8と10族遷移金属錯体との反応」


2013

International Symposium on Frontiers of Organometallic Chemistry (Post-symposium of C&FC2013)
(12/5, Peking University
, Beijing, China)
IL3
 URA, Yasuyuki
”A Tiara-like Octanuclear Palladium Thiolate Complex Including Iodine Molecule” (Invited Lecture)


International Symposium on Catalysis and Fine Chemicals 2013 (C&FC2013)
(12/1〜5, Renmin University of China, Beijing, China)
PP-26
 URA, Yasuyuki; SHIMOKAWA, Reina; KAWADA, Yumi; KATAOKA, Yasutaka
”Reactivity of SNS-Benzylpalladium Complexes toward O2: HCl-accelerated Selective Formation of Benzyl Hydroperoxide”


◆The 2nd Japan-France Coordination Chemistry Symposium 2013 (JFCCS2013)
(11/24〜28, Todaiji Culture Center, Nara)
P11 SHIMOKAWA, Reina; KAWADA, Yumi; URA, Yasuyuki; KATAOKA, Yasutaka
”Effect of the Addition of Chloride Ion on the Reaction of an SNS-Benzylpalladium Complex with O2

P23 SAKANO, Nozomi; TSUBAKIMOTO, Aya; URA, Yasuyuki; KATAOKA, Yasutaka
”Sequential Introduction of Different Functional Groups into a Secondary Silane using the Iridium Complex Bearing the Ind-P Ligand”

P24 FUKUZAWA, Hiroko; AOYAGI, Nozomi; URA, Yasuyuki; KATAOKA, Yasutaka
”Ruthenacyclopentanes as Intermediates in the Linear Codimerization of N-Vinylamides with Electron-deficient Alkenes”

P29 ENDOU, Mariko; KOTERA, Megumi; YAMAMOTO, Midori; URA, Yasuyuki; KATAOKA, Yasutaka
”Preparation of Ir(III) Complexes Bearing the Ind-PO Ligand Working as an Bifunctional Catalysis”

P35 KURONUMA, Keiko; OSHIKA, Kyoko; URA, Yasuyuki; KATAOKA, Yasutaka
”Consideration for Stereochemistry of an Arising Metal-Centered Chirality in the Ind-P* Iridium(III) Complexes”

P36 FUJINO, Saki; URA, Yasuyuki; KATAOKA, Yasutaka
”Binuclear Palladium Complexes Having Bis(bipyridyl)ferrocene”

P38 YAMASHINA, Yukari; URA, Yasuyuki; KATAOKA, Yasutaka
”An Octanuclear Palladium Tiara-like Complex Including I2

P40
 TAKAHARA, Aoi; KATO, Tomoe; URA, Yasuyuki; KATAOKA, Yasutaka
”Introduction of Oxygen Atoms into the Iridacyclopentadiene Complexes Bearing the Ind-P Ligand”


錯体化学会第63回討論会 (11/2〜4、琉球大学)
2D-17 坂野 希望; 椿本 彩; 浦 康之; 片岡 靖隆
「Ind-P配位子を有するイリジウム錯体による2級シランへの連続的官能基導入反応」

1C-06 高原 葵; 加藤 ともえ; 浦 康之; 片岡 靖隆
「イリダシクロペンタジエン錯体に対する酸素導入反応」

2C-05 山科友香理; 浦 康之; 片岡靖隆
「小分子を包接したパラジウム8核ティアラ型錯体[Pd(mu-SCH2CO2Me)2]8の挙動と反応性」

1PD-004 下川礼奈; 河田有未; 浦康之; 片岡靖隆

「SNS型三座配位子を有するベンジルパラジウム錯体と分子状酸素との反応における塩化物イオンの添加効果」


◆第60回有機金属化学討論会 (9/12〜14、学習院大学)
P3A-09 山科友香理; 浦 康之; 片岡靖隆

「ヨウ素分子を包接したパラジウム8核ティアラ型錯体[Pd(mu-SCH2CO2Me)2]8の構造,挙動および反応性」

P1B-28 黒沼景子; 大鹿恭子; 浦 康之; 片岡靖隆
「キラルなアルキルホスフィンとインデン環による2座キレート配位子を利用した中心金属上に不斉点を有するイリジウム錯体の合成」


第93回日本化学会春季年会(3/22〜25、立命館大学びわこ・くさつキャンパス)
2B6-33 坂野希望; 椿本 彩; 浦 康之; 片岡靖隆

「2級シランを用いたイリジウムIII 価シリルアルケニル錯体の立体選択的な合成」

2PA-153 高原 葵; 加藤ともえ; 浦 康之; 片岡靖隆
「二置換イリダシクロペンタジエン錯体に対する酸素導入反応における置換基の効果」

2B4-40 藤野佐紀; 浦 康之; 片岡靖隆
「新規配位子ビス(ビピリジル)フェロセンを用いたパラジウム二核錯体の合成」

2B4-41 山科友香理; 浦 康之; 片岡靖隆
「SCS ピンサー型錯体を経由するパラジウムおよび白金8核ティアラ型錯体[M(mu-SR)2]8の新規合成法」


2012

第2回新学術領域「分子活性化」国際会議 (2nd International Symposium on Molecular Activation) (11/11〜12、奈良)
A02-11 浦 康之; 山科友香理; 河田有未; 片岡靖隆
“Synthesis of Pd and Pt Complexes Bearing SNS or SCS Ligands and Their Catalytic Activity toward Intramolecular O-H Bond Addition to Alkenes”


17th Malaysian Chemical Congress 2012 (10/15〜17, Kuala Lumpur, Malaysia)
OABC-32 URA, Yasuyuki; FUKUZAWA, Hiroko; KATAOKA, Yasutaka
"Selective Linear Codimerization of Enamides with Electron-deficient Alkenes via Ruthenacyclopentanes" (Invited Lecture)


錯体化学会第62回討論会 (9/21〜23、富山大学)
1D-09 東中川
; 浦 康之; 片岡靖隆
「インデニル配位子のハプティシティ変化を伴うイリジウムV価アリルカルボニル錯体の立体選択的な合成」

1PC-16 高原 葵; 加藤ともえ; 浦 康之; 片岡靖隆
「イリダシクロペンタジエン錯体に対する直接的な酸素導入反応」

1PA-105 山科友香理; 浦 康之; 片岡靖隆
「SCSピンサー型パラジウム錯体を経由するティアラ型錯体[Pd(SR)2]8の新規合成法の開発」


◆第59回有機金属化学討論会 (9/13〜15、大阪大学)
D3B-26   浦 康之; 福沢紘子; 青柳 希; 片岡 靖隆
「ルテナサイクルを経由するエナミド類と電子不足アルケン類の鎖状共二量化反応」


第3回新学術領域「分子活性化」公開シンポジウム
(3rd International Symposium on Molecular Activation)(05/18〜19, 石川、金沢歌劇座)

 浦 康之
「アルケンへの触媒的な酸素求核剤付加反応の実現に向けたパラジウム活性種の創出」
“Creation of Palladium Reactive Species toward the Development of Catalytic Addition of O-Nucleophiles to Alkenes”


第92回日本化学会春季年会(3/25〜28、慶應大学日吉キャンパス)
4G2-28
 河田有未; 浦 康之; 片岡靖隆
「SNS三座配位子を有するベンジルパラジウム錯体のプロトノリシス」

2B1-08
 福沢紘子; 浦 康之; 片岡靖隆
「エナミドとアクリル酸エステルの酸化的環化によるルテナシクロペンタンの生成」

1PB-051
 中岡園江; 浦 康之; 片岡靖隆
「パラジウム触媒によるビニルアレーン類からの選択的なアリールアセトアルデヒド類の合成」

1PB-044
 橋本珠歩; 青山恭子; 浦 康之; 片岡靖隆
「インデン環がエチレン鎖で架橋されたNHC配位子を有するイリジウムT価カチオン錯体における分子内炭素−水素結合活性化反応」

1PB-043
 東中川朋恵; 浦 康之; 片岡靖隆
η1: η1-型で配位したInd-P配位子を有するイリジウ ムV価π-アリルカルボニル錯体の合成」


2011

International Symposium on Catalysis and Fine Chemicals 2011 (C&FC2011)
(12/4〜8, Nara Prefectural New Public Hall)
CP-06
 浦 康之; 辻田 寛; 福沢紘子; 松木伸悟; 片岡靖隆; 和田健司; 光藤武明; 近藤輝幸
”Ruthenium-Catalyzed Highly Selective Codimerization and Cotrimerization of N-Vinylamides with Alkenes”

P1-33
 椿本 彩; 浦 康之; 片岡靖隆
”Diverse Syntheses of Alkenylsilane Deivatives Mediated by Iridium Complexes Bearing the Ind-P Ligand”

P2-31
 大鹿恭子; 浦 康之; 片岡靖隆
”Synthesis of Iridium Complexes Coordinated with a Dialkylphosphinoethylindenyl Ligand Having a Phosphine-centered Chirality”
★ポスター賞受賞

P1-39
 河田有未; 浦 康之; 片岡靖隆
”Behavior and Reactivity of Cationic Pd(U) Complexes Having an SNS Ligand with N-Heterocycles at Terminals”

P1-32
 小寺 恵; 山本 緑; 浦 康之; 片岡靖隆
”Preparation of Optically Active Ir(V) Complexes Having a Metal-Centered Chirality Available for Bifunctional Asymmetric Catalysis”
★ポスター賞受賞

P2-21
 福沢紘子; 浦 康之; 片岡靖隆
”Ruthenium-catalyzed Reduction of N-Alkoxy- and N-Hydroxyamides”


◆第1回新学術領域「分子活性化」国 際会議
(1st International Symposium on Molecular Activation)(11/9〜10, 兵庫、淡路夢舞台国際会議場)

A02-11
 浦 康之; 河田有未; 片岡靖隆
”Behavior and Reactivity of Pd(II)-SNS Complexes Having N-Heterocycles at Terminals”


錯体化学会第61回討論会 (9/17〜19、岡山理科大学)
3C-14
 椿本 彩; 浦 康之; 片岡靖隆
「炭素−ケイ素結合形成・解裂を伴うイリジウムV価シリルアルケニル錯体における金属上の不斉点の異性化反応」

1Da-03
 大鹿恭子; 浦 康之; 片岡靖隆
「リン上に不斉点を有するホスフィノエチルインデニル配位子を利用したイリジウム錯体の合成」

3Da-11
 小寺 恵; 山本 緑; 浦 康之; 片岡靖隆
「イリジウムV価シリルヒドリド錯体の金属上に発生する不斉点の安定性」


第58回有機金属化学討論会 (9/7〜9、名古屋大学)
P2C-40
 椿本 彩; 浦 康之; 片岡靖隆
「Ind-P配位子を有するイリジウム錯体を用いた末端アルキンの立体選択的ヒドロシリル化反応」

P3B-22
 河田有未; 浦 康之; 片岡靖隆
「両端にN-ヘテロ環を導入したSNS三座配位子を有する二価パラジウム錯体の合成、挙動および反応性」


14th Asian Chemical Congress (9/5〜8, Bangkok, Thailand)
INV-G4-25
 URA, Yasuyuki
「Ruthenium-Catalyzed Highly Selective Codimerization and Cotrimerization of Alkenes」 (Invited Lecture)


第38回有機反応懇談会(8/03、大阪府立大学)
 河田有未; 浦 康之; 片岡靖隆
N- ヘテロ環を塩基性補助基として導入した三座配位子を有するPd(U)錯体の合成と挙動
★ポスター賞受賞

 小寺 恵; 山本 緑; 浦 康之; 片岡靖隆
中 心金属上に不斉点を有する光学活性イリジウムV価シリルヒドリド錯体の合成


第91回日本化学会春季年会(3/26〜29、神奈川大学)
1A7-42
 河田有未; 浦 康之; 片岡靖隆
「N-ヘテロ環を補助基として導入したSNS配位子を有するベンジルパラジウム錯体の合成と反応性」

4A7-03
 浦 康之; 福沢紘子; 平井肖実; 片岡靖隆
「塩化ルテニウム/亜鉛−銅カップル触媒系を用いる効率的な2-ノルボルネンとアクリル酸エステルの鎖状共二量化反応」

1A7-19
 山本真由美; 浦 康之; 片岡靖隆
「パラジウム錯体触媒を用いるアルケンまたはジエン類とピナコールからの選択的な末端アセタールの合成」

2A7-26
 椿本 彩; 浦 康之; 片岡靖隆
「酸化剤によって促進されるイリジウムV価シリル−アルケニル錯体の立体選択的還元的脱離反応」

2A7-34
 小寺 恵; 山本 緑; 浦 康之; 片岡靖隆
「イリジウム(V)シリルヒドリド錯体における中心金属上に発生する不斉点の速度論的および熱力学的制御」

1PB-219
 池田清実; 椿本 彩; 浦 康之; 片岡靖隆
「金属上に不斉点を有するイリジウムV価シリルアルケニル錯体合成反応における配位子の立体効果」


2010

錯体化学会第60回討論会 (9/27〜30、大阪国際交流センター)
4Db-13
 加藤ともえ; 椿本 彩; 池田清美; 浦 康之; 片岡靖隆
「エチレン鎖で架橋されたインデニル―ホスフィン配位子を有するイリジウムT価錯体とアルキン類の反応」

2PA-05
 河田有未; 浦 康之; 片岡靖隆
「N-ヘテロ環を塩基性補助基として導入した三座配位子を有するPd(U)錯体の合成と挙動」

2PD-14
 大鹿恭子; 浦 康之; 片岡靖隆
「インデン環とキラルなアルキルホスフィンがアルキレン鎖で架橋された新規配位子を用いた中心金属上に不斉点を有するイリジウム錯体の合成」


第60回記念錯体化学OSAKA国際会議 (9/28、大阪国際交流センター)
2PI-15
 椿本 彩; 浦 康之; 片岡靖隆
”Unexpected Stereoselectivities in Successive Reactions of the Iridium(I) Complex Bearing the Ind-P Ligand with Hydrosilane and Alkyne”


第57回有機金属化学討論会 (9/16〜18、中央大学)
P1A-21
 椿本 彩; 浦 康之; 片岡靖隆
「Ind-P配位子を有するイリジウム錯体を用いたα−およびβ−置換ビニルシラン化合物の位置選択的合成」

P1A-27
 小寺 恵; 山本 緑; 浦 康之; 片岡靖隆
「中心金属上に不斉点を有する光学活性イリジウムV価シリルヒドリド錯体の合成」

3PA-024
 福沢紘子; 浦 康之; 片岡靖隆
「ルテニウム触媒を用いるN-アルコキシアミド類のN-O結合切断反応」


第24回国際有機金属化学会議(7/18〜23、台湾、台北国際コンベンションセン ター)
PS2-058
 椿本 彩; 浦 康之; 片岡靖隆
”Regio- and Stereoselective Synthesis of Iridium(V) Alkenyl Complexes Having a Metal-Centered Chirality”


第90回日本化学会春季年会(3/26〜29、近畿大学)
4D4-18
 浦 康之; BEIERLE, John M.; LEMAN, Luke J.; ORGEL, Leslie E.; GHADIRI, M. Reza
「自己組織的な配列適応型ペプチド核酸」

2B2-39
 椿本 彩; 浦 康之; 片岡靖隆
「金属上に不斉点を有するイリジウムV価シリルヒドリド錯体に対するアルキンおよびアレンの立体選択的・位置選択的な挿入反応」

3PA-009 加藤ともえ; 浦 康之; 片岡靖隆
「金属上に不斉点を有するイリジウムV価ボリルヒドリド錯体の立体選択的な合成」

3PA-024
 福沢紘子; 浦 康之; 片岡靖隆
「ルテニウム触媒を用いるN-アルコキシアミド類のN-O結合切断反応」

3PA-021
 山本真由美; 浦 康之; 片岡靖隆
「パラジウム触媒を用いる1,5-ジエンからのシクロペンタノン類の合成」


第2回 けいはんな研究シーズ紹介セミナー(1/13、奈良県文化会館)
浦 康之
「アルケンを自在につなぐ環境低負荷型有機合成反応」(招待講演)


2009

第40回錯体化学若手の会近畿地区勉強会 (5/30、奈良女子大学)
 椿本 彩; 浦 康之; 片岡靖隆
「Cp’-P配位子を有するイリジウムV価シリルヒドリド錯体の中心金属上に発生する不斉点の安定性」
★ポスター賞受賞


第56回有機金属化学討論会 (9/9〜11、同志社大学)
P3B-33
 椿本 彩; 浦 康之; 片岡靖隆
「金属上に不斉点を有するイリジウムV価シリルヒドリド錯体に対するアルキンの立体選択的な挿入反応」


第89回日本化学会春季年会(3/27〜30、日本大学船橋キャンパス)
3K4-35
 山本 緑; 浦 康之; 片岡靖隆
「ホスフィンオキシド基が架橋したインデニル配位子を有するイリジウム錯体の合成とアリル化反応に対する触媒能の検討」

2PA-166
 椿本 彩; 浦 康之; 片岡靖隆
「面不斉を有するイリジウムI価錯体に対するアルキルハライドの立体選択的な酸化的付加反応」

2PA-167
 山下裕子; 浦 康之; 片岡靖隆
「Cp’-P配位子を有するイリジウム
π-アリル錯体のアリル位アルキ ル化反応に対する触媒能の検討」


2008

第55回有機金属化学討論会 (9/28〜30、大阪府立大学)
P3B-25
 椿本 彩; 浦 康之; 片岡靖隆
「Cp’-P配位子を有するイリジウムV価シリルヒドリド錯体の中心金属上に発生する不斉点の立体化学」
★ポスター賞受賞


錯体化学会第58回討論会 (9/20〜22、金沢大学)
3Da-10
 山本 緑; 浦 康之; 片岡靖隆
「ホスフィンオキシド基が架橋されたインデニル配位子を有するイリジウム錯体の合成と触媒能の検討」


第5回集積型合成国際シンポジウム(9/〜、神戸)
P44 椿本 彩; 浦 康之; 片岡靖隆
”Stereoselective Preparation of Iridium(V) Silyl Hydride Complexes Having a Metal-Centered Chirality”


第41回有機金属若手の会夏の学校(7/7〜9、神戸、シーパル須磨)
P-102
 山本 緑
「ルイス塩基であるホスフィンオキシドを有するシクロペンタジエン配位子の設計及びそのイリジウム錯体の合成


第88回日本化学会春季年会(3/26〜30、立教大学池袋キャンパス)
4E8-04
 水野由子; 片岡靖隆
「金属上に不斉点を有するイリジウムπ−アリル錯体の立体選択的合 成」

4E8-05
 椿本 彩; 片岡靖隆
「Cp’-P配位子を有するイリジウムV価錯体における金属上の不斉点の安定性」

4PA-165
 山本 緑; 片岡靖隆
「ルイス塩基であるホスフィンオキシドを有するシクロペンタジエニル配位子の設計及びそのイリジウム錯体の合成」


2007

第54回有機金属化学討論会 (10/27〜28、広島大学)
PA220
 水野由子; 片岡靖隆
「Cp'-P配位子を有するイリジウム
π-およびσ-アリル錯体の立体選択的合成」


錯体化学会第57回討論会(9/25〜27、名古屋工業大学)
1Ab-03
 椿本 彩; 片岡靖隆
「金属上に不斉点を有するイリジウムV価ヒドリド錯体の立体選択的な合成」


14th International Symposium on Organometallic Chemistry Directed towards Organic Synthesis (OMCOS-14)(8/02〜06, 奈良)
P-533
 水野由子; 片岡靖隆
「Preparation of
π-Allyl Iridium Complexes Having an Optically Active Cp'-P Ligand as a Catalyst for Allylic Alkylation」


第87回日本化学会春季年会(3/25〜28、関西大学)
1PB-166
 水野由子; 浦 康之; 片岡靖隆
「Cp’-P配位子を有するイリジウム
π-アリル錯体の立体選択的合 成」

1PB-167
 椿本 彩; 片岡靖隆
「面不斉を有するイリジウムT価錯体に対するシラン化合物の立体選択的な酸化的付加反応」