講義コード7331710
開設科目名物性化学セミナーⅣ
科目群名(新)専門群
専攻化学
コース
担当教員太田 靖人
教員所属理学部
開講期・曜日・時限・教室後期 火曜日 9・10時限 教員研究室
授業方法演習
対象学生1年次以上
単位数2
週時間2


授業概要
近年のレーザー技術の発展により、強い光を利用した精密な化学反応制御や物質設計の可能性が広がってきている。本セミナーでは光と相互作用した分子系のダイナミクスの理論的取扱いに着目する。光と分子の相互作用をより深く理解することを目的として基礎理論的な内容の文献を購読するとともに、最近の国内外の動向を把握するために応用発展的な文献の購読も行う。
学習・教育目標
数学的定式化を通じて量子力学の基礎概念の理解を深め、光と物質が関わる諸現象を量子力学の言葉で考察することができるようになる。
キーワード
ブラケット表記、時間発展演算子、時間に依存したシュレディンガー方程式、波束法
授業計画
以下の項目(順不同)に関する文献を講読し、光-分子系のダイナミクスの理論的取扱いに関する理解を深める。

(1) 時間依存シュレディンガー方程式の数値計算法 
(2) 時間依存自己無撞着近似理論
(3) 時間に依存した摂動論
(4) 誘導ラマン断熱通過
(5) 量子古典混合近似計算法
(6) フェムト秒パルス列による化学反応制御                                                                              
(7) 量子Hamilton-Jacobi方程式の古典極限

発表者は上の項目に関連した文献を詳しく調べ、内容をまとめた文書を作成し説明する。参加者との質疑応答があるので文献内容やその内容に関連した知識を十分な時間を使って調べておくことが求められる。
教科書
No書籍名著者出版社出版年ISBN
1.『A Modern approach to quantum mechanics』John S. TownsendUniv Science Books20001891389130
参考書
No書籍名著者名出版社出版年ISBN
1.『講義中に紹介する』
成績評価
の方法
授業への参加度とレポートなどを総合的に評価する。
成績評価割合
(%)
定期試験(期末試験)授業内試験等宿題・授業外レポート授業態度・授業への参加度受講者の発表(プレゼン)
出席
教員独自項目※
00208000
※成績評価
割合の教員独自項目
他専攻(複合コース等)
の学生の問い合わせ方法
居室C320(C棟3階)に直接来室されたい
備考
更新日付2014/12/26 14:11:09