講義コード7331700
開設科目名物性化学セミナーⅢ
科目群名(新)専門群
専攻化学
コース
担当教員吉村 倫一
教員所属理学部
開講期・曜日・時限・教室後期 水曜日 1・2時限 教員研究室
授業方法演習
対象学生1年次以上
単位数2
週時間2


授業概要
界面活性剤または両親媒性高分子の物理化学的性質,物性評価,応用のいずれかを含むコロイド化学,界面化学,ナノ化学に関連する最新の学術論文を読み,内容を理解した上でまとめ,発表する。また,発表した内容について参加者全員と質疑応答を行ない,新たな知識を得るとともに疑問点を解決する。
学習・教育目標
コロイド・界面化学分野における国内外の最新の研究状況を把握し,各自の研究と関連させ,位置づけを目指す。また,液晶プロジェクターによる発表や質疑応答を通してプレゼンテーション能力を身につける。
キーワード
コロイド化学,界面化学,ナノサイエンス,界面活性剤,小角散乱,金属ナノ粒子
授業計画
第1回 界面活性剤の物理化学的性質に関する学術論文について最近の研究を調査する (事前学習:論文を読みまとめる,事後学習:再読し,十分に理解する)                                                                     第2回 界面活性剤の物理化学的性質に関する学術論文について最近の研究を調査する (事前学習:論文を読みまとめる,事後学習:再読し,十分に理解する)
第3回 界面活性剤の新規構造と物性との関係に関する学術論文について最近の研究を調査する (事前学習:論文を読みまとめる,事後学習:再読し,十分に理解する)
第4回 界面活性剤の新規構造と物性との関係に関する学術論文について最近の研究を調査する (事前学習:論文を読みまとめる,事後学習:再読し,十分に理解する)                                                      第5回 界面活性剤の様々な界面における吸着状態に関する学術論文について最近の研究を調査する (事前学習:論文を読みまとめる,事後学習:再読し,十分に理解する)
第6回 界面活性剤の様々な界面における吸着状態に関する学術論文について最近の研究を調査する (事前学習:論文を読みまとめる,事後学習:再読し,十分に理解する)                                                     第7回 界面活性剤の水溶液における分子集合体に関する学術論文について最近の研究を調査する (事前学習:論文を読みまとめる,事後学習:再読し,十分に理解する)
第8回 界面活性剤の水溶液における分子集合体に関する学術論文について最近の研究を調査する (事前学習:論文を読みまとめる,事後学習:再読し,十分に理解する)                                                     第9回 光散乱,小角散乱を用いた分子集合体の構造解析に関する学術論文について最近の研究を調査する (事前学習:論文を読みまとめる,事後学習:再読し,十分に理解する)
第10回 光散乱,小角散乱を用いた分子集合体の構造解析に関する学術論文について最近の研究を調査する (事前学習:論文を読みまとめる,事後学習:再読し,十分に理解する)                                             第11回 金属ナノ粒子に関する学術論文について最近の研究を調査する (事前学習:論文を読みまとめる,事後学習:再読し,十分に理解する)
第12回 金属ナノ粒子に関する学術論文について最近の研究を調査する (事前学習:論文を読みまとめる,事後学習:再読し,十分に理解する)                                                                    第13回 コロイド・界面化学,ナノ化学に関する学術論文について最近の研究を調査する (事前学習:論文を読みまとめる,事後学習:再読し,十分に理解する)                                                           第14回 コロイド・界面化学,ナノ化学に関する学術論文について最近の研究を調査する (事前学習:論文を読みまとめる,事後学習:再読し,十分に理解する)                                                           第15回 コロイド・界面化学,ナノ化学に関する学術論文について最近の研究を調査する (事前学習:論文を読みまとめる,事後学習:再読し,十分に理解する)

発表者は自分の研究と関連する文献を関連の雑誌で探し,読み,その内容について調べ理解する。パワーポイントを用いて発表資料を作成し,設定した時間内で液晶プロジェクターによる発表を行なう。参加者との質疑応答など討論することで,研究に対する考え方やプレゼンテーション能力を身につける。また,質疑応答には自分自身で応答することが大切であるので,論文内容やその周辺の知識に対してよく調べ理解しておくことが求められる。
論文は,JACS,Langmuir,Journal of Physical Chemistry B,Macromolecules,Journal of Colloid and Interface Scienceなどの学術雑誌から最新のもの(2014・2015年)を選ぶこと。
教科書
No書籍名著者出版社出版年ISBN
1.『特になし』
参考書
成績評価
の方法
出席と発表内容および質疑応答などを総合して評価する。
成績評価割合
(%)
定期試験(期末試験)授業内試験等宿題・授業外レポート授業態度・授業への参加度受講者の発表(プレゼン)
出席
教員独自項目※
05050
※成績評価
割合の教員独自項目
他専攻(複合コース等)
の学生の問い合わせ方法
メール(yoshimura@cc.nara-wu.ac.jp)で問い合わせること。
備考
論文内容やその周辺の知識に対してよく調べ理解しておくこと。
更新日付2014/12/29 14:36:04