講義コード7331600
開設科目名物性化学セミナーⅡ
科目群名(新)専門群
専攻化学
コース
担当教員衣川 健一
教員所属理学部
開講期・曜日・時限・教室前期 火曜日 9・10時限 教員研究室
授業方法演習
対象学生1年次以上
単位数2
週時間2


授業概要
液体・固体といった凝縮相は化学・物質学の最も身近な相である。本セミナーでは、古典液体・量子液体に関する基本的な文献を講読し、その物理化学的な理解を深める。
学習・教育目標
一見難しそうに見える物理化学文献の中からよいものを取り上げてゆっくりと講読し、物性化学に対する一層の理解を深める。
キーワード
液体、物性
授業計画
第1回 水の統計力学モデルの論文講読(その1) (事前学習:不要 事後学習:論文を再読)
第2回 水の統計力学モデルの論文講読(その2) (事前学習:指定箇所を和訳・予習 事後学習:論文を再読)
第3回 水の統計力学モデルの論文講読(その3) (事前学習:指定箇所を和訳・予習 事後学習:論文を再読)
第4回 水の統計力学モデルの論文講読(その4) (事前学習:指定箇所を和訳・予習 事後学習:論文を再読)
第5回 溶媒和電子のシミュレーションの論文講読(その1) (事前学習:指定箇所を和訳・予習 事後学習:論文を再読)
第6回 溶媒和電子のシミュレーションの論文講読(その2) (事前学習:指定箇所を和訳・予習 事後学習:論文を再読)
第7回 溶媒和電子のシミュレーションの論文講読(その3) (事前学習:指定箇所を和訳・予習 事後学習:論文を再読)
第8回 溶媒和電子のシミュレーションの論文講読(その4) (事前学習:指定箇所を和訳・予習 事後学習:論文を再読)
第9回 液体水素の物性に関する論文講読(その1) (事前学習:指定箇所を和訳・予習 事後学習:論文を再読)
第10回 液体水素の物性に関する論文講読(その2) (事前学習:指定箇所を和訳・予習 事後学習:論文を再読)
第11回 液体水素の物性に関する論文講読(その3) (事前学習:指定箇所を和訳・予習 事後学習:論文を再読)
第12回 液体水素の物性に関する論文講読(その4) (事前学習:指定箇所を和訳・予習 事後学習:論文を再読)
第13回 液体ヘリウムの物性に関する論文講読(その1) (事前学習:指定箇所を和訳・予習 事後学習:論文を再読)
第14回 液体ヘリウムの物性に関する論文講読(その1) (事前学習:指定箇所を和訳・予習 事後学習:論文を再読)
第15回 液体ヘリウムの物性に関する論文講読(その1) (事前学習:指定箇所を和訳・予習 事後学習:論文を再読)
教科書
No書籍名著者出版社出版年ISBN
1.『授業中に適宜指示』
参考書
No書籍名著者名出版社出版年ISBN
1.『セミナー中に指示』
成績評価
の方法
出席と発表状況を総合的に評価する。
成績評価割合
(%)
定期試験(期末試験)授業内試験等宿題・授業外レポート授業態度・授業への参加度受講者の発表(プレゼン)
出席
教員独自項目※
00050500
※成績評価
割合の教員独自項目
他専攻(複合コース等)
の学生の問い合わせ方法
最初の演習に出席し、問い合わせること
備考
修士論文テーマの指向に関わらず、化学専攻全院生が対象である。従って、物理化学系を専攻する院生だけでなく、有機・無機・生物化学、高分子化学、その他の化学分野を専攻する院生もが本セミナー受講の対象になる。
更新日付2014/12/26 16:28:47