講義コード7330200
開設科目名分子触媒化学
科目群名(新)専門群
専攻化学
コース
担当教員片岡 靖隆
教員所属理学部
開講期・曜日・時限・教室前期 木曜日 3・4時限 B1208
授業方法講義
対象学生1年次以上
単位数2
週時間2


授業概要
遷移金属を核とする分子触媒を利用した有機合成反応,特に,新しい炭素骨格構築反応に焦点をあてた反応について解説する。そのため、有機化学と有機金属化学の復習から初め,種々の遷移金属錯体を触媒として用いた有機合成反応のを取り上げる。まtら、その反応のバックグラウンドや設計概念について解説する。さらに、担当教員の携わってきた研究内容や最近のトピックスについて講述する
学習・教育目標
分子触媒を用いる均一系不斉触媒反応の最先端の研究内容を理解する。
触媒反応における分子触媒の役割(遷移金属錯体としての挙動)を理解する。
新しい分子触媒や有機合成反応を設計する基礎的概念を獲得する。
キーワード
有機合成化学、有機金属化学、選択性、反応機構、結合活性化、結合生成、官能基変換、グリーンケミストリー
授業計画
以下の項目に関する講義を行うと共に、関連する分野の文献を紹介する。

 ① 大学で学んだ有機化学・有機金属化学の復習
 ② クロスカップリング反応,ヘック型反応
 ③ 環化反応
 ④ 水素化反応,水素移動型反応
 ⑤ アリル化反応、アリル位置換反応
 ⑥ 不活性結合活性化反応
 ⑦ ルイス酸触媒を用いる反応
 ⑧ 有機分子触媒を用いる反応
 ⑨ 不斉合成反応(Dynamic Kinetic Resolutionを利用した不斉合成、非線型効果など)
 ⑩ Dynamic Kinetic Resolutionを利用した不斉合成

講義中に取り上げた反応の反応機構を専門用語を用いて第3者に説明できるようになるまで、授業内容を復習する。
教科書
No書籍名著者出版社出版年ISBN
1.『 特に指定しない。講義中に適宜紹介する。』
参考書
No書籍名著者名出版社出版年ISBN
1.『Astmmetric Synthesis-The Essentaials』M. Christmann and S. BraseWiley-VCH978-3-527-31399-0
2.『Fundamentals of Organometallic Catalysis』D. SteinbornWiley-VCH978-3-527-32717-1
3.『The Organometallic Chemistry of the Transition Metals, 6th ed.』R. H. CrabtreeWiley978-1-118-13807-6
成績評価
の方法
随時行う演習と最後に提出するレポートにより講義内容の理解度を計りそれを評価対象とする
成績評価割合
(%)
定期試験(期末試験)授業内試験等宿題・授業外レポート授業態度・授業への参加度受講者の発表(プレゼン)
出席
教員独自項目※
05050
※成績評価
割合の教員独自項目
講義に出席することは単位認定のための最低条件である。
他専攻(複合コース等)
の学生の問い合わせ方法
担当教員(片岡(靖))に直接連絡してください。
備考
本講義は、有機化学および有機金属化学について、学部レベルの基礎知識を修得している学生を対象にしている。
講義中に取り上げた反応の反応機構を専門用語を用いて第3者に説明できるようになるまで、授業内容を復習する。
更新日付2014/12/26 15:50:23