講義コード4603500
開設科目名奈良女子大学の化学
担当教員全教員
教員所属理学部
開講期・曜日・時限・教室前期 水曜日 7・8時限 A201
授業方法講義
対象学生2回生(上限緩和認定者)
単位数1
週時間(15)


授業概要
各教員がそれぞれ1回の講義を担当し,それぞれの研究や研究分野に関連した最先端の研究等を紹介する。卒業研究に対する予備知識として重要であるだけでなく,通常の講義では話されない世界的に最先端の研究をわかりやすく聞くことができる。
学習・教育目標
化学科で行われている最新の研究についての講義を聞くことにより,研究とはどのようなものであるかを理解する。3回生にとっては,卒業研究を行う配属研究室を考える上での重要な情報になる。
キーワード
化学研究,研究紹介
授業計画
各教員がそれぞれ1回(1時間)の講義を担当し,それぞれの研究や研究分野に関連した最先端の研究等を紹介する。

担当: 飯田,岩井,浦,太田,梶原(孝),
    片岡(靖),片岡(悠),衣川,久禮,
    高島,竹内,棚瀬,中沢,中島,
    藤井,三方,吉村
               (以上17名)
教科書
No書籍名著者出版社出版年ISBN
1.『なし』
参考書
No書籍名著者名出版社出版年ISBN
1.『なし』
成績評価
の方法
出席状況や授業態度等を考慮して評価する。
成績評価割合
(%)
定期試験(期末試験)授業内試験等宿題・授業外レポート授業態度・授業への参加度受講者の発表(プレゼン)
出席
教員独自項目※
00060040
※成績評価
割合の教員独自項目
備考
平成27年度は上限緩和対象者あるいは成績優秀者のみ受講可。受講希望者はあらかじめ所属コースの教務担当教員に相談すること。化学コース共通系特別科目(選択科目)。前期水曜日の7,8時限に行う予定であるが,詳細は4月に掲示する。講義後に内容を振り返り、卒業研究を行う配属研究室を考える際の参考とすること。また、さらに詳しい研究内容を知りたい場合には各自で教員と連絡を取ること。
更新日付2014/12/26 18:26:12