講義コード4603200
開設科目名錯体化学
担当教員棚瀬 知明
教員所属理学部
開講期・曜日・時限・教室前期 木曜日 1・2時限 A202
授業方法講義
対象学生2回生(上限緩和認定者)
単位数2
週時間2


授業概要
無機化学,特にd-ブロックの元素の化学で中心的重要な役割を担っている金属錯体は,ウェルナー型配位化合物と金属-炭素結合をもつ有機金属錯体に分けられるが、本講義では両者を包括的に理解するための基礎的考え方を分かりやすく説明する。結晶場理論と配位子場理論,分子軌道法の基礎を理解し、それぞれの利点を用いて金属錯体の構造、電子状態、物性、反応性について講義する。
学習・教育目標
金属錯体の構造や配位子の性質を理解したのち,結晶場理論に基づいて金属錯体の立体構造や電子構造を体系的に学習し、ウェルナー型配位化合物の構造や性質を理解出来るようにする。また、配位子場理論の基礎を学習し,金属錯体の電子スペクトルや磁性等の物性について理解を得る。さらに,錯体の反応性や機能について学習する。
キーワード
金属錯体,配位化合物、有機金属錯体、結晶場理論,結晶場分裂パラメーター,電子スペクトル、磁性、金属-炭素結合,有効原子番号則,18電子則,有機配位子
授業計画
第1回  金属錯体とは、ウェルナー型配位化合物と有機金属錯体【注1,2,3】
第2回  金属錯体の構造,代表的な配位子と命名法 【注2,3】
第3回  金属錯体の立体構造と異性体 【注2,3】
第4回  結晶場理論と結晶場分裂パラメーター 【注2,3】
第5回  結晶場分裂と錯体の立体構造 【注2,3】
第6回  電子配置(高スピン、低スピン)とJahn-Teller効果 【注2,3】
第7回  配位子場理論 σ配位子の場合
第8回  配位子場理論 π配位子の寄与について
第9回  遷移金属イオンの電子配置とLS項 【注2,3】
第10回  金属錯体の電子配置と電子スペクトル1 【注2,3】
第11回  金属錯体の電子配置と電子スペクトル2 【注2,3】
第12回 金属錯体の電子配置と磁気的性質 【注2,3】
第13回 有機金属錯体【注2,3】
第14回 配位子場理論と18電子則(有効原子番号則)【注2,3】
第15回 錯体の価電子数の数え方【注2,3】
第16回 期末テスト 【注4】

【注1】事前学習とし「遷移元素の化学(2年生後期)」の復習をしておくこと。
【注2】教科書の説明を読んで予習をすること。
【注3】教科書の例題や練習問題・章末問題を中心に復習をすること。
【注4】講義内容と教科書を中心に授業全体の復習を行い,習得した知識を総合的に活用する練習をしておくこと。
教科書
No書籍名著者出版社出版年ISBN
1.『講義資料をインターネットで配信するので各自ダウンロードすること(URL等の詳細については授業中に説明する)』
2.『無機化学』(下) 21章,24章』ハウスクロフト,巽他訳東京化学同人2012978-4-8079-0778-6
3.『無機化学』(上、下)4版,8章,19-21章』シュライバー・アトキンス,田中他訳東京化学同人2008978-4-8079-0667-3
参考書
No書籍名著者名出版社出版年ISBN
1.『金属錯体の構造と性質』三吉克彦岩波書店4-00-011042-X
2.『基礎無機化学』荻野,飛田,岡崎東京化学同人4-8079-0520-1
成績評価
の方法
出席状況・授業態度,レポート,筆記試験を総合して評価する。
成績評価割合
(%)
定期試験(期末試験)授業内試験等宿題・授業外レポート授業態度・授業への参加度受講者の発表(プレゼン)
出席
教員独自項目※
70101010
※成績評価
割合の教員独自項目
備考
平成27年度は上限緩和対象者あるいは成績優秀者のみ受講可。受講希望者はあらかじめ所属コースの教務担当教員に相談すること。化学コース無機化学系講義科目(選択科目)。授業の復習を中心に十分自習すること。連絡先:C棟C323室
参考書:J. Ribas, 『Coordination Chemistry』Wilet-VCH, 2008.
更新日付2014/12/27 09:03:43