講義コード3313100
開設科目名基礎有機化学通論Ⅱ
担当教員浦 康之
教員所属理学部
開講期・曜日・時限・教室後期集中 その他 その他 その他
授業方法講義
対象学生3年次編入生
単位数2
週時間(30)


授業概要
有機化学系専門科目の受講に支障が出ないよう、有機化学の基礎知識を修得させることを目的としており、有機化学通論Ⅱに準じた講義内容となる。官能基を有する有機化合物であるハロアルカン、アルコール、エーテルを取り上げ、それらの物性や反応性について解説する。さらに、不飽和炭化水素(アルケン、アルキン)の構造、性質と反応について講義する。
学習・教育目標
基礎有機化学通論Ⅰに引き続き、有機化学を理解することができるようになるための基礎的な知識、および考え方(電子の流れ)を修得する。前期に履修する基礎有機化学通論Ⅰ、脂肪族有機化学、および芳香族有機化学を履修することにより基礎的な有機化学全般を体系的に学習することができる。
キーワード
ハロアルカン、アルコール、エーテル、アルケン、アルキン、求核置換反応、脱離反応、求電子付加反応、有機電子論
授業計画
【第1回】ガイダンス、求核置換反応Ⅰ:SN2反応とSN1反応の比較
     事前学習:基礎有機化学通論Ⅰの内容を復習する。
     事後学習:教科書・講義ノート・配布資料を用いて復習し、練習問題を解く。
【第2回】求核置換反応Ⅱ:各種要因がSN2、SN1反応に与える影響
     事前学習:教科書の該当範囲を予習する。
     事後学習:教科書・講義ノート・配布資料を用いて復習し、練習問題を解く。
【第3回】脱離反応Ⅰ:E2反応とE1反応の比較、求核置換反応と脱離反応の比較
     事前学習:教科書の該当範囲を予習する。
     事後学習:教科書・講義ノート・配布資料を用いて復習し、練習問題を解く。
【第4回】脱離反応Ⅱ:生成するアルケンの位置選択性と立体化学
     事前学習:教科書の該当範囲を予習する。
     事後学習:教科書・講義ノート・配布資料を用いて復習し、練習問題を解く。
【第5回】アルコールⅠ:構造、性質、カルボニル化合物の還元
     事前学習:教科書の該当範囲を予習する。
     事後学習:教科書・講義ノート・配布資料を用いて復習し、練習問題を解く。
【第6回】アルコールⅡ:アルコールの酸化、有機金属反応剤
     事前学習:教科書の該当範囲を予習する。
     事後学習:教科書・講義ノート・配布資料を用いて復習し、練習問題を解く。
【第7回】アルコールⅢ:逆合成解析、酸・塩基との反応
     事前学習:教科書の該当範囲を予習する。
     事後学習:教科書・講義ノート・配布資料を用いて復習し、練習問題を解く。
【第8回】アルコールⅣ:カルボカチオンの転位反応、ハロアルカンへの変換
     中間試験
     事前学習:教科書の該当範囲を予習する。
     事後学習:教科書・講義ノート・配布資料を用いて復習し、練習問題を解く。
【第9回】エーテル:構造、性質、合成、反応
     事前学習:教科書の該当範囲を予習する。
     事後学習:教科書・講義ノート・配布資料を用いて復習し、練習問題を解く。
【第10回】アルケンⅠ:構造、性質、合成
     事前学習:教科書の該当範囲を予習する。
     事後学習:教科書・講義ノート・配布資料を用いて復習し、練習問題を解く。
【第11回】アルケンⅡ:水素化、求電子付加反応
     事前学習:教科書の該当範囲を予習する。
     事後学習:教科書・講義ノート・配布資料を用いて復習し、練習問題を解く。
【第12回】アルケンⅢ:ヒドロホウ素化、シクロプロパン・エポキシドの合成、ジヒドロキシ化
     事前学習:教科書の該当範囲を予習する。
     事後学習:教科書・講義ノート・配布資料を用いて復習し、練習問題を解く。
【第13回】アルケンⅣ:オゾン分解、ラジカル付加反応、オリゴマー化・重合  
     事前学習:教科書の該当範囲を予習する。
     事後学習:教科書・講義ノート・配布資料を用いて復習し、練習問題を解く。
【第14回】アルキンⅠ:構造、性質、合成
     事前学習:教科書の該当範囲を予習する。
     事後学習:教科書・講義ノート・配布資料を用いて復習し、練習問題を解く。
【第15回】アルキンⅡ:還元、求電子付加反応、逆Markovnikov付加反応
     事前学習:教科書の該当範囲を予習する。
     事後学習:教科書・講義ノート・配布資料を用いて復習し、練習問題を解く。
【第16回】期末試験
教科書
No書籍名著者出版社出版年ISBN
1.『ボルハルト・ショアー現代有機化学 第6版・上』K. P. C. Vollhardt, N. E. Schore,化学同人2011978-4-7598-1472-9
参考書
No書籍名著者名出版社出版年ISBN
1.『講義中に適宜紹介する。』
成績評価
の方法
中間試験、期末試験、出席状況及び授業への参加度を総合的に評価する。
成績評価割合
(%)
定期試験(期末試験)授業内試験等宿題・授業外レポート授業態度・授業への参加度受講者の発表(プレゼン)
出席
教員独自項目※
45250150150
※成績評価
割合の教員独自項目
備考
化学科特設科目 履修に当たっては、化学科学科長及び教務担当教員の承諾が必要である。
更新日付2015/01/07 13:57:04