講義コード3313000
開設科目名基礎有機化学通論Ⅰ
担当教員三方 裕司
教員所属理学部
開講期・曜日・時限・教室前期集中 その他 その他 その他
授業方法講義
対象学生3年次編入生
単位数2
週時間(30)


授業概要
有機化学系の専門科目の受講に支障が出ないように,有機化学の基礎知識を修得させることを目的としている。特に本講義では,飽和炭化水素(アルカン)の物性や反応性について解説する。さらにラジカル反応および立体化学の基礎的な事項についても解説する。
学習・教育目標
有機化学を理解することができるようになるための基礎的な知識,および考え方(電子の流れ)を修得する。脂肪族有機化学および芳香族有機化学の講義が理解できるだけの有機化学に関する基礎的な知識を修得する。
キーワード
ラジカル反応,アルカン,立体異性体,光学活性化合物,キラル,立体配座,立体配
授業計画
第1回 ガイダンス,有機化学とは?
 教科書の該当箇所を予習し,理解できない点および疑問点を明確にしておくこと。講義後は問題を解いて復習しておくこと。
第2回 有機化学物の構造と結合(8電子則・Lewis構造式)
 教科書の該当箇所を予習し,理解できない点および疑問点を明確にしておくこと。講義後は問題を解いて復習しておくこと。
第3回 有機化学物の構造と反応性(簡単な速度論)
 教科書の該当箇所を予習し,理解できない点および疑問点を明確にしておくこと。講義後は問題を解いて復習しておくこと。
第4回 有機化学物の構造と反応性(酸塩基・官能基)
 教科書の該当箇所を予習し,理解できない点および疑問点を明確にしておくこと。講義後は問題を解いて復習しておくこと。
第5回 IUPAC命名法
 教科書の該当箇所を予習し,理解できない点および疑問点を明確にしておくこと。講義後は問題を解いて復習しておくこと。
第6回 アルカンの構造と性質
 教科書の該当箇所を予習し,理解できない点および疑問点を明確にしておくこと。講義後は問題を解いて復習しておくこと。
第7回 アルカンの構造と性質(ラジカル反応)
 教科書の該当箇所を予習し,理解できない点および疑問点を明確にしておくこと。講義後は問題を解いて復習しておくこと。
第8回 アルカンの構造と性質(ラジカル反応における選択性の考え方)
 教科書の該当箇所を予習し,理解できない点および疑問点を明確にしておくこと。講義後は問題を解いて復習しておくこと。
第9回 シクロアルカンの構造と性質
 教科書の該当箇所を予習し,理解できない点および疑問点を明確にしておくこと。講義後は問題を解いて復習しておくこと。
第10回 立体化学(エナンチオマー)
 教科書の該当箇所を予習し,理解できない点および疑問点を明確にしておくこと。講義後は問題を解いて復習しておくこと。
第11回 立体化学(R, S表示法)
 教科書の該当箇所を予習し,理解できない点および疑問点を明確にしておくこと。講義後は問題を解いて復習しておくこと。
第12回 立体化学(ジアステレオー)
 教科書の該当箇所を予習し,理解できない点および疑問点を明確にしておくこと。講義後は問題を解いて復習しておくこと。
第13回 立体化学(光学分割)
 教科書の該当箇所を予習し,理解できない点および疑問点を明確にしておくこと。講義後は問題を解いて復習しておくこと。
第14回 立体化学(有機反応における選択性の考え方1)
 教科書の該当箇所を予習し,理解できない点および疑問点を明確にしておくこと。講義後は問題を解いて復習しておくこと。
第15回 立体化学(有機反応における選択性の考え方2)
 教科書の該当箇所を予習し,理解できない点および疑問点を明確にしておくこと。講義後は問題を解いて復習しておくこと。
教科書
No書籍名著者出版社出版年ISBN
1.『第6版 ボルハルト・ショアー現代有機化学(上巻)1章-5章』K. P. C. Vollhardt, N. E. Schore,化学同人2011
参考書
No書籍名著者名出版社出版年ISBN
1.『講義中に適宜紹介する。』
成績評価
の方法
筆記試験及び講義の際毎回行う小テストおよび出席状況を総合的に評価する。ただし,最終試験で8割を取ったものは,他の点数が低くとも優で認定する。
成績評価割合
(%)
定期試験(期末試験)授業内試験等宿題・授業外レポート授業態度・授業への参加度受講者の発表(プレゼン)
出席
教員独自項目※
403030
※成績評価
割合の教員独自項目
備考
化学科特設科目 履修に当たっては,化学科学科長及び教務担当教員の承諾が必要である。毎回の講義までに,教科書の対応するページを熟読し,理解できない点および疑問点を明確にしておくこと。
更新日付2014/12/26 15:49:45