講義コード3312260
開設科目名実践化学英語Ⅱ
担当教員岩井 薫
藤井 浩
教員所属理学部
開講期・曜日・時限・教室前期 月曜日 3・4時限 A203
授業方法講義
対象学生3回生
単位数2
週時間2


授業概要
 英語は今や国際共通語としての地位が確立しており,特に国際性が高い学問分野である化学における英語の重要性は高まる一方である。化学研究において,英語の論文や文献を読むことはもちろん,英語講演を聴き,発表し,英語で外国人とコミュニケーションをとる機会は増えている。本講義では,化学英語の基礎を復習するとともに,英語で書かれた化学の教科書や解説書や文献等を読解のためのスキルアップを行う。また,化学に関する英語のリスニングやライティングにもトライする。
学習・教育目標
 英語の教科書や文献を読んで理解するための基本的な英語力を習得するため,化学の基礎的な教科書等を読む練習を通して読解力を高める。特に,書かれている文章をそのまま正しく理解するための訓練を行う。さらに,化学英語の論理構成を意識しながら,論理的な文章の作成のための練習を行う。
キーワード
化学英語の基礎,リーディング,リスニング,ライティング
授業計画
第1回 化学英語の基礎1。事前学習は不要。1回目は授業の概要等を説明するとともに、化学英語の基礎を復習する。事後学習として配布プリントとノート等を見直し、復習する。
第2回 化学英語の基礎2。事前学習として前回の授業内容について復習するとともに、この回のテーマについて配布プリントにより予習する。事後学習として配布プリントとノート等を見直し、復習する。
第3回 化学英語の基礎3。事前学習として前回までの授業内容について復習するとともに、この回のテーマについて配布プリントにより予習する。事後学習として配布プリントとノート等を見直し、復習する。
第4回 化学の教科書等を読む1。事前学習として前回までの授業内容について復習するとともに、この回のテーマについて配布プリントにより予習する。事後学習として配布プリントとノート等を見直し、復習する。
第5回 化学の教科書等を読む2。事前学習として前回までの授業内容について復習するとともに、この回のテーマについて配布プリントにより予習する。事後学習として配布プリントとノート等を見直し、復習する。
第6回 化学の教科書等を読む3。事前学習として前回までの授業内容について復習するとともに、この回のテーマについて配布プリントにより予習する。事後学習として配布プリントとノート等を見直し、復習する。
第7回 化学の教科書等を読む4。事前学習として前回までの授業内容について復習するとともに、この回のテーマについて配布プリントにより予習する。事後学習として配布プリントとノート等を見直し、復習する。
第8回 前半のまとめと達成度確認。事前学習として前回までの授業内容について復習するとともに、この回のテーマについて配布プリントにより予習する。事後学習として配布プリントとノート等を見直し、復習する。
第9回 化学に関わる資料を読む、聞く1。事前学習として前回までの授業内容について復習するとともに、リスニングのための耳慣らしをする。事後学習として配布プリントとノート等を見直し、復習する。
第10回 化学に関わる資料を読む、聞く2。事前学習として前回の授業内容について復習するとともに、この回のテーマについて配布プリントにより予習する。事後学習として配布プリントとノート等を見直し、復習する。
第11回 化学に関わる資料を読む、聞く3。事前学習として前回までの授業内容について復習するとともに、この回のテーマについて配布プリントにより予習する。事後学習として配布プリントとノート等を見直し、復習する。
第12回 化学に関わる資料を読む、聞く4。事前学習として前回までの授業内容について復習するとともに、リスニングのための耳慣らしをする。事後学習として配布プリントとノート等を見直し、復習する。
第13回 化学に関わる資料を読む、聞く5。事前学習として前回までの授業内容について復習するとともに、この回のテーマについて配布プリントにより予習する。事後学習として配布プリントとノート等を見直し、復習する。
第14回 化学に関わる資料を読む、聞く6。事前学習として前回までの授業内容について復習するとともに、この回のテーマについて配布プリントにより予習する。事後学習として配布プリントとノート等を見直し、復習する。
第15回 化学に関わる資料を読む、聞く7。事前学習として前回までの授業内容について復習するとともに、この回のテーマについて配布プリントにより予習する。事後学習として配布プリントとノート等を見直し、復習する。
第16回 期末試験。
教科書
No書籍名著者出版社出版年ISBN
1.『プリント配布』
参考書
成績評価
の方法
達成度確認・期末試験に加えて,ほぼ毎回行う小テスト,宿題・レポート,出席状況等を総合して評価する。
成績評価割合
(%)
定期試験(期末試験)授業内試験等宿題・授業外レポート授業態度・授業への参加度受講者の発表(プレゼン)
出席
教員独自項目※
4020200020
※成績評価
割合の教員独自項目
備考
化学科共通系講義科目(選択科目)
研究室:C337室(岩井),C223(藤井)
次回の授業範囲を予習して授業に臨むこと。
更新日付2015/01/06 19:41:20