講義コード3311600
開設科目名有機反応論
担当教員片岡 靖隆
教員所属理学部
開講期・曜日・時限・教室後期 金曜日 1・2時限 化学講義室
授業方法講義
対象学生4回生(3回生も可)
単位数2
週時間2


授業概要
本講義は,有機化学を一通り勉強した学生が,反応機構を重視した視点で有機化学を勉強し直すことにより,有機化学の理解を深化することを目的とする。広範囲な有機化学の内容をがむしゃらに覚えるのではなく,自らの知識と思考力を用いて演習に取り組むことにより,より高度な有機化学が理解できる基礎的な力を養う。
学習・教育目標
有機化学の基本的な反応を理解する。
有機反応の反応機構を電子の流れを用いて理解し,活用できるようになる。
有機反応における立体化学に関する知識を身につけ,反応において発生する選択性を理解する。
有機合成化学の面白さを理解し味わう。
キーワード
選択性(立体、官能基、位置),遷移金属錯体,触媒,反応機構,有機構造論,有機反応論,アニオン,カチオン,ラジカル,求核反応,求電子反応,置換反応,付加反応,脱離反応,転位反応
授業計画
 各講義の最初の15分は,前回行った講義に関する演習問題に取り組む。

【第1回】 ガイダンス,有機化学をどのように理解するか。
     事前学習:3年次までの有機化学の内容を復習する。  事後学習:ノートを見直す。
【第2回】 カルボニル化合物に関する反応(Grignard型の反応、Wittig 反応,エノレートを利用した反応))
     事前学習:脂肪族有機化学の内容を復習する。  事後学習:ノートを見直す。
【第3回】 有機化合物の構造と結合
     事前学習:基礎化学の内容を復習する。  事後学習:ノートを見直す。
【第4回】 カルボン酸誘導体に関する反応
     事前学習:脂肪族有機化学の内容を復習する。  事後学習:ノートを見直す。
【第5回】 アルカン・シクロアルカン(ラジカル反応)
     事前学習:有機化学通論Ⅰの内容を復習する。  事後学習:ノートを見直す。
【第6回】 立体化学
     事前学習:有機化学通論Ⅰの内容を復習する。  事後学習:ノートを見直す。
【第7回】 ハロアルカンに関する反応(求核置換反応・脱離反応)
     事前学習:有機化学通論Ⅰの内容を復習する。  事後学習:ノートを見直す。
【第8回】 アルケン・アルキンに関する反応(求電子付加反応・酸化反応・還元反応)
     事前学習:有機化学通論Ⅱの内容を復習する。  事後学習:ノートを見直す。
【第9回】 芳香族化合物に関する反応(求電子置換反応)
     事前学習:有機化学通論Ⅲの内容を復習する。  事後学習:ノートを見直す。
【第10回】 アルコール・エーテルに関する反応(酸化反応・求核置換反応)
     事前学習:芳香族有機化学の内容を復習する。  事後学習:ノートを見直す。
【第11回】 アミンとその誘導体に関する反応
     事前学習:脂肪族有機化学の内容を復習する。  事後学習:ノートを見直す。
【第12回】 6員環遷移状態を経る反応
     事前学習:有機化学通論Ⅰの内容を復習する。  事後学習:ノートを見直す。
【第13回】  鎖状遷移状態を経る反応
     事前学習:有機化学通論Ⅰの内容を復習する。  事後学習:ノートを見直す。
【第14回】 不斉合成に関する反応。
     事前学習:本講義(第13回)の内容を復習する。  事後学習:ノートを見直す。
【第15回】 天然物の全合成
     事前学習:本講義全ての内容を復習する。  事後学習:ノートを見直す。
【第16回】 期末試験
     事前学習:本講義全ての内容を復習する。
教科書
No書籍名著者出版社出版年ISBN
1.『なし プリントを配布する』
参考書
No書籍名著者名出版社出版年ISBN
1.『講義中に適宜紹介する。』
成績評価
の方法
筆記試験,レポートおよび出席状況を総合的に評価する。ただし,最終試験で8割を取ったものは,他の評価が低くとも「優」で認定する。
成績評価割合
(%)
定期試験(期末試験)授業内試験等宿題・授業外レポート授業態度・授業への参加度受講者の発表(プレゼン)
出席
教員独自項目※
501040
※成績評価
割合の教員独自項目
備考
化学科有機化学系講義科目(応用選択科目)。学習歴や希望進路に応じて3年生も履修することができる。しかし、ある程度の有機化学の知識がないと理解するのは難しい。
更新日付2014/12/26 15:47:42