講義コード3310400
開設科目名電解質溶液化学
担当教員飯田 雅康
教員所属理学部
開講期・曜日・時限・教室前期 木曜日 3・4時限 A201
授業方法講義
対象学生4回生(3回生も可)
単位数2
週時間2


授業概要
 化学熱力学で扱う溶液系は,主として液体同士が混じりあう系である。それに対して,本講義では溶質が常温で固体である系を扱う。まず,非電解質を対象に,束一的性質と活量の概念を説明する。続いて,電解質溶液の性質を解説する。同じ溶液でも, 電解質溶液と非電解質溶液とでは歴史的な発展のしかた,アプローチのしかたがかなり異なる。
学習・教育目標
 これまで学んできた熱力学の考えを基にして,より複雑ではあるが化学分野で極めて重要な対象である電解質溶液系について,物理化学的な性質を理解できるようにする。活量や化学ポテンシャルの概念も電解質溶液系を対象として考えることにより理解が深まるであろう。
キーワード
化学ポテンシャル,活量,デバイヒュッケルの理論,化学電池と起電力、イオンの運動
授業計画
第1回  熱力学の基礎ーその1;事前学習:物理化学通論1の復習、事後学習:今回の板書ノートおよび指定教科書を用いた復習
第2回  熱力学の基礎ーその2;事前学習:化学熱力学の復習、事後学習:今回の板書ノートおよび指定教科書を用いた復習
第3回  溶液系のとらえ方;事前学習:化学熱力学の板書ノートと指定教科書第5章の該当箇所の復習、事後学習:今回の板書ノートおよび指定教科書を用いた復習
第4回  理想溶液と束一的性質;事前学習:指定教科書第5章の該当箇所の読解、事後学習:今回の板書ノートおよび指定教科書を用いた復習、そして教科書の例題の自習
第5回  不揮発性溶質の活量と化学ポテンシャル;事前学習:指定教科書第5章の該当箇所の読解、事後学習:今回の板書ノートおよび指定教科書を用いた復習
第6回  塩の溶解とボルン・ハーバーサイクル;事前学習:指定教科書第3章の該当箇所の読解、事後学習:今回の板書ノートおよび指定教科書を用いた復習
第7回  イオン間の相互作用とイオンの活量 (デバイヒュッケル理論);事前学習:指定教科書の該当箇所の読解、事後学習:今回の板書ノートおよび指定教科書を用いた復習
第8回  デバイヒュッケル理論の実験系への適用;事前学習:指定教科書第5章の該当箇所の読解、事後学習:今回の板書ノートおよび指定教科書を用いた復習、教科書の例題も見直しておく
第9回  デバイヒュッケル理論の拡張とイオンの水和;事前学習:指定教科書第5章の該当箇所の読解、事後学習:今回の板書ノートおよび指定教科書を用いた復習
第10回 デバイヒュッケル理論に関連した問題演習;事前学習:指定教科書第5章の該当箇所の読解、事後学習:今回の板書ノートおよび指定教科書を用いた復習、教科書の自習問題も試しておく
第11回 化学電池の起電力;事前学習:指定教科書第7章の該当箇所の読解、事後学習:今回の板書ノートおよび指定教科書を用いた復習
第12回 電池の起電力の電解質溶液系への適用;事前学習:指定教科書第7章の該当箇所の読解、事後学習:今回の板書ノートおよび指定教科書を用いた復習、教科書の例題も見直しておく
第13回 電解質溶液の電気伝導度;事前学習:専門実験3のレポートの復習、指定教科書第21章の該当箇所の読解、事後学習:今回の板書ノートおよび指定教科書を用いた復習
第14回 輸率とイオンの移動度;事前学習:指定教科書第21章の該当箇所の読解;事後学習:今回の板書ノートおよび指定教科書を用いた復習
第15回 水和イオンの動き;事前学習:指定教科書第21章の該当箇所の読解、事後学習:提示された問題のレポート作成
教科書
No書籍名著者出版社出版年ISBN
1.『アトキンス物理化学 第8版(上)第5,7章,(下)第21章 』千原,中村 訳東京化学同人2009978-4-8079-0695-6
参考書
No書籍名著者名出版社出版年ISBN
1.『バーロー物理化学 第6版 (上)』大門,堂免 訳東京化学同人4-8079-0502-3
成績評価
の方法
出席状況と提出されたレポートを加味して評価する。
成績評価割合
(%)
定期試験(期末試験)授業内試験等宿題・授業外レポート授業態度・授業への参加度受講者の発表(プレゼン)
出席
教員独自項目※
005010040
※成績評価
割合の教員独自項目
備考
化学科物理化学系講義科目(応用選択科目)化学熱力学を履修していること。授業は系統的に組まれているので,授業ごとに習った内容を復習してから次回の授業に臨むこと。
更新日付2014/12/26 15:02:49