講義コード3310200
開設科目名化学専門実験3
担当教員吉村 倫一
飯田 雅康
竹内 孝江
太田 靖人
教員所属理学部
開講期・曜日・時限・教室後期 木曜日 5・6時限 化学第三学生実験室
後期 木曜日 7・8時限 化学第三学生実験室
後期 木曜日 9時限 化学第三学生実験室
後期 金曜日 5・6時限 化学第三学生実験室
後期 金曜日 7・8時限 化学第三学生実験室
後期 金曜日 9時限 化学第三学生実験室
授業方法実験
対象学生3回生
単位数2
週時間10


授業概要
「化学基礎実験1-3」で修得した化学実験に関する基本操作や基礎知識を土台として,「化学専門実験1-3」では今後の化学研究に直結するより専門的な化学実験を行う。本化学専門実験3では,物理化学分野に関連の深い課題を中心に履修する。受講生が3つのグループに分かれて少人数教育のもとに各実験・実習を行う。
学習・教育目標
物理化学分野に関連の深い課題を通して,酢酸エチルならびにp-ニトロフェニルアセテートの加水分解による一次反応の反応速度,質量分析法による分子の構造解析,電気伝導度による酸解離定数の決定,コンピュータによる電子波動関数の時間変化の計算を学ぶことによって,化学研究の基礎的手法を修得することを目標とする。
キーワード
一次反応,電子波束,質量分析,電気伝導度
授業計画
第1回 ガイダンス:実験を始めるにあたっての注意事項(吉村)
    実験内容の説明(実験1(吉村),実験2(太田))

第2回 実験内容の説明(実験3(竹内),実験4(飯田))

第3回~第10回 実験1~4のテーマを各2回,計8回行う
 実験1.一次反応の反応速度(担当:吉村)
 実験2.コンピュータ実習4(電子波動関数の時間変化の観察 ~目でみる電子の動き~)(担当:太田)
 実験3.質量分析法による有機化合物の構造解析(担当:竹内)
 実験4.電気伝導度法による酢酸の解離定数とSDS水溶液のミセル形成濃度の決定(担当:飯田)

第11回 レポート総括(実験1(吉村),実験2(太田))

第12回 レポート総括(実験3(竹内),実験4(飯田))


実験を行う前に化学実験テキストを熟読し,実験内容,実験操作,試薬の性質,器具の取扱い等について十分に理解しておくこと。
教科書
No書籍名著者出版社出版年ISBN
1.『化学実験テキスト』奈良女子大学理学部化学科編集2009年
参考書
No書籍名著者名出版社出版年ISBN
1.『第7版 実験を安全に行うために』化学同人編集部編化学同人
2.『第3版 続 実験を安全に行うために』化学同人編集部編化学同人
3.『改訂 化学のレポートと論文の書き方』泉 美治、 他 監修化学同人
成績評価
の方法
出席状況,実験態度,各実験の課題に対するレポートを総合して評価する。
成績評価割合
(%)
定期試験(期末試験)授業内試験等宿題・授業外レポート授業態度・授業への参加度受講者の発表(プレゼン)
出席
教員独自項目※
0100
※成績評価
割合の教員独自項目
出席状況,実験態度,各実験の課題に対するレポートの総合評価
備考
化学科実験系科目(必修科目)。本科目の受講に際しては,白衣,保護メガネの着用と学生安全保険(学生教育研究災害障害保険と学研災付帯賠償責任保険)に加入していることが義務づけられている。実験を行う前に化学実験テキストを熟読し,実験内容,実験操作,試薬の性質,器具の取扱い等について十分に理解しておくこと。(参考書の追加)4.「安全の手引」奈良女子大学理学部編,5.「物理化学実験法(第5版)」千原監修,徂徠・中澤編(東京化学同人),6.「現代質量分析学 基礎原理から応用研究まで」高山・早川・瀧浪・和田編(化学同人,ISBN978-4-7598-1413-2)。責任教員(吉村,研究室:C 棟3階C311 室)
更新日付2014/12/29 14:02:40