講義コード3309800
開設科目名化学基礎実験2
担当教員片岡 靖隆
藤井 浩
高島 弘
久禮 文章
教員所属理学部
開講期・曜日・時限・教室前期 火曜日 5・6時限 化学第一学生実験室
前期 火曜日 7・8時限 化学第一学生実験室
前期 火曜日 9時限 化学第一学生実験室
授業方法実験
対象学生2回生
単位数2
週時間5


授業概要
1回生後期に履修した「化学基礎実験1」に続く化学の基礎実験として,化学実験の基本操作,機器分析法およびコンピュータ操作などを実際の化学実験(コンピューターにを用いた実習を含む)を通して教授する。
学習・教育目標
有機,無機,物理化学に関する基礎的な実験手法を身につけ,基礎的な化学の知識を修得する。
計画立案,結果の考察,レポート作成等により,論理的な考え方を身につける。
安全教育により安全や環境への配慮および社会的な責任を自覚する。
キーワード
脂肪族求核置換反応、抽出、蒸留、還流,ガスクロマトグラフィー,中和熱,溶解熱,中和反応,熱量計,重量分析、重金属イオン,コンピュータ、原子軌道、視覚化
授業計画
第1回 ガイダンス:実験を始めるにあたっての注意事項
    実験内容の説明:(実験1(片岡(靖)),実験2(藤井))
第2回 実験内容の説明:(実験3(久禮),実験4(高島))
第3回 レポートの作成について・安全教育

第4回ー第11回 実験1ー4のテーマを各2回、計8回行う。

 実験1.臭化ブチルの合成(担当:片岡(靖))酸存在下,ブチルアルコールと臭化ナトリウムを反応させた後,各種精製操作により純粋な臭化ブチルを単離する。ガスクロマトグラフィーを用いて臭化ブチルの純度を測定する。
 実験2.中和熱と溶解熱の測定(担当:藤井)塩酸と水酸化ナトリウムの中和反応による熱量計の温度変化と熱量計の熱容量の両測定から中和熱を求め,さらに塩化アンモニウムを用いて溶解熱の測定を行う。
 実験3.重量分析法による重金属イオンの定量(担当者:久禮)分析対象の溶液から目的成分を難容性沈殿として分離し、その重量を秤量することによって目的成分の定量を行う。
 実験4.コンピュータ実習2(原子軌道の視覚的理解)(担当:高島)コンピューターを用いて水素型原子の電子軌道を描写、視覚的に学習しその理解を深める。

第12回 レポート総括:(実験1(片岡(靖)),実験2(藤井))
第13回 レポート総括:(実験3(久禮),実験4(高島))
教科書
No書籍名著者出版社出版年ISBN
1.『化学実験テキスト 第3版』奈良女子大学理学部化学科編平成25年(2013)
参考書
No書籍名著者名出版社出版年ISBN
1.『第7版 実験を安全に行うために』化学同人編集部編化学同人4-7598-0958-9
2.『第3版 続 実験を安全に行うために』化学同人編集部編化学同人978-4-7598-1081-3
3.『改訂 化学のレポートと論文の書き方』泉 美治、他 監修化学同人4-7598-0831-0
成績評価
の方法
出席状況,実験態度,各実験の課題に対するレポートを総合して評価する。提出期限を過ぎたレポートは受理しない。
成績評価割合
(%)
定期試験(期末試験)授業内試験等宿題・授業外レポート授業態度・授業への参加度受講者の発表(プレゼン)
出席
教員独自項目※
0100
※成績評価
割合の教員独自項目
出席状況,実験態度,各実験の課題に対するレポートの総合評価
備考
 化学生命環境学科共通科目(化学コース必修科目,生物科学コース自由科目,環境科学コース選択科目)
 本科目の受講に際しては,白衣,保護メガネの着用と学生安全保険(学生教育研究災害障害保険と学研災付帯賠償責任保険)に加入していることが義務づけられている。責任教員(片岡(靖))

 (参考書の追加) 「安全の手引」奈良女子大学理学部編。
更新日付2014/12/26 15:48:06