講義コード3309700
開設科目名化学基礎実験1
担当教員棚瀬 知明
中澤 隆
片岡 靖隆
三方 裕司
太田 靖人
藤井 浩
教員所属理学部
開講期・曜日・時限・教室後期 木曜日 5・6時限 化学第一学生実験室
後期 木曜日 7・8時限 化学第一学生実験室
後期 木曜日 9時限 化学第一学生実験室
授業方法実験
対象学生1回生
単位数1
週時間5


授業概要
大学に入学して初めて行う化学実験として,はじめに化学安全教育および化学実験の基本操作について講義する。その後,化学安全実習,無機化学および有機化学の基本的な実験とコンピュータ実習を行う。これらを通して化学実験を安全に行うための化学薬品,実験器具の取り扱い方法を理解し,実験およびコンピュータ操作の基本が身につく内容となっている。
学習・教育目標
化学実験の概要,化学安全教育,化学実験の基本操作など実験を行うための基本事項を学ぶ。無機および有機定性実験を通して,実験器具の名称や使用方法を学び,化合物の分離,定性,確認の基本操作を習得する。コンピュータ実習では,コンピュータを用いた実験データの処理法を理解する。
キーワード
安全教育,無機定性分析,有機定性分析,コンピュータ実習,基本操作,レポート作成法
授業計画
第1回 ガイダンス、化学実験への導入
第2回 化学安全教育1 危険物、有害物質
第3回 化学安全教育2 高圧ガス、応急処置、実験廃棄物
第4回 化学実験の基本操作1 化学実験の基本操作、物質の精製、実験器具の安全な取扱いなど
第5回 化学実験の基本操作2 実験器具の安全な取扱いなど、まとめ、試験
第6回 各実験テーマについてのガイダンス
第7-14回 実習,実験
1)化学安全実習
2)無機定性分析実験
3)有機定性分析実験
4)コンピュータ実習1
第15回 レポート総括
教科書
No書籍名著者出版社出版年ISBN
1.『「化学実験テキスト」』奈良女子大学理学部化学科編集
2.『「安全の手引」』奈良女子大学理学部編
3.『「第7版 実験を安全に行うために」』化学同人編集部 編化学同人2006974-4-7598-0958-9
参考書
No書籍名著者名出版社出版年ISBN
1.『「第3版 続実験を安全に行うために」』化学同人編集部 編化学同人978-4-7598-1081-3
2.『「改訂 化学のレポートと論文の書き方」』小川 雅彌 他 監修化学同人978-4-7598-0831-5
成績評価
の方法
出席状況,実験態度,各実験課題に対するレポートで評価する
成績評価割合
(%)
定期試験(期末試験)授業内試験等宿題・授業外レポート授業態度・授業への参加度受講者の発表(プレゼン)
出席
教員独自項目※
000100
※成績評価
割合の教員独自項目
出席状況,実験態度,各実験の課題に対するレポートの総合評価
備考
化学生命環境学科共通科目(化学コース必修科目,生物科学コース自由科目,環境科学コース選択科目)。本科目の受講に際しては,白衣,保護眼鏡の着用と学生安全保険の加入が義務付けられている。実験を行う前に化学実験テキストを熟読し,実験内容,実験操作,試薬の性質,器具の取扱い等について十分に理解しておくこと。責任教員(三方)
更新日付2014/12/27 09:36:00