講義コード3308360
開設科目名化学のための物理Ⅱ
担当教員衣川 健一
教員所属理学部
開講期・曜日・時限・教室後期 火曜日 3・4時限 A201
授業方法講義
対象学生1回生
単位数2
週時間2


授業概要
化学は「電子」の学問といっても過言ではない。電子は電気を帯び、波動の性質を持つことを高学年になってから「量子力学」の理論で学んでいくことになるが、本科目ではその準備として(1)電気の性質についての学問「電磁気学」の初歩と(2)振動・波動、および電磁波について講義する。
学習・教育目標
電磁気については、電気・磁気に対するクーロンの法則、と電気双極子・磁気双極子、電場・磁場について理解させる。また、振動・波動について基本的な理解を習得させ、最後に電磁波を理解させる。
キーワード
電荷、クーロンの法則、電場、電気双極子、磁気双極子、磁場、調和振動、基準振動、連成振動、波動、進行波、定常波、電磁波
授業計画
第1回 本科目への導入 (事前学習:不要 事後学習:不要)
第2回 点電荷と静電気に対するクーロンの法則 (事前学習:不要 事後学習:講義ノートと教科書該当部分に現れる式を自分で導出しなおす)
第3回 クーロンポテンシャルとクーロン力の関係 (事前学習:不要 事後学習:講義ノートと教科書該当部分に現れる式を自分で導出しなおす)
第4回 クーロンポテンシャル・クーロン力の重ね合わせの法則 (事前学習:不要 事後学習:講義ノートと教科書該当部分に現れる式を自分で導出しなおす)
第5回 電場・電場の重ね合わせの法則 (事前学習:不要 事後学習:講義ノートと教科書該当部分に現れる式を自分で導出しなおす)
第6回 電気双極子とその作る電場 (事前学習:不要 事後学習:講義ノートと教科書該当部分に現れる式を自分で導出しなおす)
第7回 磁気に対するクーロンの法則・磁気双極子とその作る磁場 (事前学習:不要 事後学習:講義ノートと教科書該当部分に現れる式を自分で導出しなおす)
第8回 調和振動(その1) (事前学習:不要 事後学習:講義ノートと教科書該当部分に現れる式を自分で導出しなおす)
第9回 調和振動(その2)・連成振動と基準振動(その1) (事前学習:不要 事後学習:講義ノートと教科書該当部分に現れる式を自分で導出しなおす)
第10回 連成振動と基準振動(その2) (事前学習:不要 事後学習:講義ノートと教科書該当部分に現れる式を自分で導出しなおす)
第11回 連成振動と基準振動(その3) (事前学習:不要 事後学習:講義ノートと教科書該当部分に現れる式を自分で導出しなおす)
第12回 波動 (事前学習:不要 事後学習:講義ノートと教科書該当部分に現れる式を自分で導出しなおす)
第13回 波動の重ね合わせと干渉 (事前学習:不要 事後学習:講義ノートと教科書該当部分に現れる式を自分で導出しなおす)
第14回 定常波・波動方程式 (事前学習:不要 事後学習:講義ノートと教科書該当部分に現れる式を自分で導出しなおす)
第15回 電磁波 (事前学習:不要 事後学習:講義ノートと教科書該当部分に現れる式を自分で導出しなおす)
教科書
No書籍名著者出版社出版年ISBN
1.『電磁気学(Ⅰ)(裳華房フィジクスライブラリー)』原康男裳華房20014-7853-2203-9
2.『振動・波動(講談社基礎物理学シリーズ2)』長谷川修司講談社2009978-4-06-157202-7
参考書
No書籍名著者名出版社出版年ISBN
1.『親切な物理(上)』渡辺久夫ブッキング4-8354-4068-4
2.『同上  (下)』同上同上4-8354-4069-2
成績評価
の方法
筆記試験を重視する。
成績評価割合
(%)
定期試験(期末試験)授業内試験等宿題・授業外レポート授業態度・授業への参加度受講者の発表(プレゼン)
出席
教員独自項目※
955
※成績評価
割合の教員独自項目
備考
化学生命環境学科共通科目。化学コース選択必修科目。講義に出席するだけでなく、必ず講義の内容を復習、自習(式の導出を全部自分でやり直してみること。その上で教科書・参考書類を参照して意味を理解しようと反復して考えること)を行い、参考書の練習問題も解くこと。丸暗記は避け、毎週時間を惜しまず自習すること。
更新日付2014/12/26 16:27:50