講義コード3308160
開設科目名基礎化学Ⅳ
担当教員片岡 靖隆
教員所属理学部
開講期・曜日・時限・教室後期 月曜日 5・6時限 A202
授業方法講義
対象学生1回生
単位数2
週時間2


授業概要
高校で学習する化学と大学で履修する化学の間に存在する溝を埋め緩やかに大学の化学へと誘うため基礎化学(I から IV)を開講しており,その中の1つである本講義の対象は有機化学である。本講義では、有機化学における電子の役割を理解するところから始め,高校で勉強した有機化学から脱却を図るとともに,大学で扱う有機化学の内容を俯瞰する。
学習・教育目標
高校の化学と大学の化学の違いを理解し,大学で扱う有機化学の全体像を俯瞰する。
有機化合物の構造をオクテット則や電気陰性度,共有結合やイオン結合の概念を用いて理解する。
有機反応の機構を電子の移動という観点から理解する。
キーワード
有機構造論,有機反応論,アニオン,カチオン,ラジカル,求核反応,求電子反応,置換反応,付加反応,脱離反応,転位反応
授業計画
イントロダクション   
 【第1回】 ガイダンス:大学で勉強する有機化学とは
     事前学習:基礎化学Ⅱの内容を復習する。  事後学習:ノートを見直す。
   
有機化学を理解するための基礎的な事項   
 【第2回】 原子の構造・化学結合
     事前学習:教科書の1章を読む。  事後学習:ノートを見直し,教科書の練習問題を解く。
 【第3回】 ルイス構造式・オクテット則
     事前学習:教科書の1章を読む。  事後学習:ノートを見直し,教科書の練習問題を解く。
 【第4回】 共鳴構造・混成軌道 
     事前学習:教科書の1章を読む。  事後学習:ノートを見直し,教科書の練習問題を解く。 
 【第5回】 「達成度確認演習1」
     事前学習:第1回から第4回の内容を復習する。  事後学習:達成度確認演習1の問題を解き直す。
   
有機構造論   
 【第5回】 官能基
     事前学習:教科書の2章を読む。  事後学習:ノートを見直し,教科書の練習問題を解く。
 【第6回】 IUPAC命名法
     事前学習:教科書の2章を読む。  事後学習:ノートを見直し,教科書の練習問題を解く。
 【第7回】 立体配座
     事前学習:教科書の2章を読む。  事後学習:ノートを見直し,教科書の練習問題を解く。
 【第8回】 シクロアルカン
     事前学習:教科書の2章を読む。  事後学習:ノートを見直し,教科書の練習問題を解く。
 【第9回】 立体化学・不斉
     事前学習:教科書の2章を読む。  事後学習:ノートを見直し,教科書の練習問題を解く。
 【第10回】「達成度確認演習2」
     事前学習:第5回から第9回の内容を復習する。  事後学習:達成度確認演習2の問題を解き直す。
   
有機反応論  
 【第10回】 有機反応の種類
     事前学習:教科書Ⅰ,2章の内容を復習する。  事後学習:ノートを見直し,教科書の練習問題を解く。
 【第11回】 酸と塩基
     事前学習:教科書の9章を読む。  事後学習:ノートを見直し,教科書の練習問題を解く。
 【第12回】 求核付加反応
     事前学習:教科書の1章を読む。  事後学習:ノートを見直し,教科書の練習問題を解く。
 【第13回】 求核置換反応と脱離反応 
     事前学習:教科書の8章を読む。  事後学習:ノートを見直し,教科書の練習問題を解く。
 【第14回】 脂肪族求電子付加反応
     事前学習:教科書の4章を読む。  事後学習:ノートを見直し,教科書の練習問題を解く。
 【第15回】 芳香族求電子置換反応 「達成度確認演習3」
     事前学習:第10回から第14回の内容を復習する。  事後学習:達成度確認演習3の問題を解き直す。
 
 【第16回】 期末試験
   
教科書
No書籍名著者出版社出版年ISBN
1.『基礎有機化学 第2版』大嶌幸一郎東京化学同人20109784807907182
参考書
No書籍名著者名出版社出版年ISBN
1.『有機化学』奥山 格(監修)丸善9784621079393
成績評価
の方法
出席状況,到達度確認演習,最終試験を総合的に評価する。
成績評価割合
(%)
定期試験(期末試験)授業内試験等宿題・授業外レポート授業態度・授業への参加度受講者の発表(プレゼン)
出席
教員独自項目※
602020
※成績評価
割合の教員独自項目
備考
化学生命環境学科共通科目。化学コース選択必修科目。
復習は必ずその日のうちに行うこと。指定した教科書や参考書の演習問題に取り組むと理解が深まる。
更新日付2014/12/26 15:48:37