講義コード3308140
開設科目名基礎化学Ⅱ
担当教員久禮 文章
教員所属理学部
開講期・曜日・時限・教室前期 水曜日 5・6時限 A202
授業方法講義
対象学生1回生
単位数2
週時間2


授業概要
本講義は、高校を卒業し大学で化学を学ぶ入門の講義である「基礎化学I-IV」の一つとして開講されている。この講義では、水溶液中のイオン平衡(沈殿平衡、酸塩基平衡など)や酸化還元反応の定量的取り扱いを学ぶ。この講義は分析化学的意味合いも含まれている。また、演習問題を授業に取り入れて理解を深めるようにする。
学習・教育目標
溶液内化学平衡の基礎的概念を理解する。水溶液中のイオン平衡(沈殿平衡、酸塩基平衡など)と酸化還元平衡の定量的取り扱いを理解し、その応用ができるようになる。
キーワード
沈殿平衡、酸塩基平衡、酸化還元平衡
授業計画
第1回 ガイダンス、誤差と分析データの処理
事前に教科書の該当部分をよく予習しておくこと。
教科書と板書をもとに講義内容をよくまとめ、復習しておくこと。
第2回 水溶液中のイオン平衡
事前に教科書の該当部分をよく予習しておくこと。
教科書と板書をもとに講義内容をよくまとめ、復習しておくこと。
第3回 酸と塩基
事前に教科書の該当部分をよく予習しておくこと。
教科書と板書をもとに講義内容をよくまとめ、復習しておくこと。
第4回 酸塩基滴定と多段階平衡1
事前に教科書の該当部分をよく予習しておくこと。
教科書と板書をもとに講義内容をよくまとめ、復習しておくこと。
第5回 酸塩基滴定と多段階平衡2
事前に教科書の該当部分をよく予習しておくこと。
教科書と板書をもとに講義内容をよくまとめ、復習しておくこと。
第6回 緩衝液
事前に教科書の該当部分をよく予習しておくこと。
教科書と板書をもとに講義内容をよくまとめ、復習しておくこと。
第7回 キレート滴定1
事前に教科書の該当部分をよく予習しておくこと。
教科書と板書をもとに講義内容をよくまとめ、復習しておくこと。
第8回 キレート滴定2
事前に教科書の該当部分をよく予習しておくこと。
教科書と板書をもとに講義内容をよくまとめ、復習しておくこと。
第9回 沈殿滴定1
事前に教科書の該当部分をよく予習しておくこと。
教科書と板書をもとに講義内容をよくまとめ、復習しておくこと。
第10回 沈殿滴定2
事前に教科書の該当部分をよく予習しておくこと。
教科書と板書をもとに講義内容をよくまとめ、復習しておくこと。
第11回 酸化還元反応1
事前に教科書の該当部分をよく予習しておくこと。
教科書と板書をもとに講義内容をよくまとめ、復習しておくこと。
第12回 酸化還元反応2
事前に教科書の該当部分をよく予習しておくこと。
教科書と板書をもとに講義内容をよくまとめ、復習しておくこと。
第13回 電池とネルンストの式
事前に教科書の該当部分をよく予習しておくこと。
教科書と板書をもとに講義内容をよくまとめ、復習しておくこと。
第14回 酸化還元滴定1
事前に教科書の該当部分をよく予習しておくこと。
教科書と板書をもとに講義内容をよくまとめ、復習しておくこと。
第15回 酸化還元滴定2
事前に教科書の該当部分をよく予習しておくこと。
教科書と板書をもとに講義内容をよくまとめ、復習しておくこと。
教科書
No書籍名著者出版社出版年ISBN
1.『定量分析化学 改訂版』デイ・アンダーウッド培風館1982978-4-563-04151-9
参考書
成績評価
の方法
出席状況、授業態度、レポート、および筆記試験を総合して判断する。
成績評価割合
(%)
定期試験(期末試験)授業内試験等宿題・授業外レポート授業態度・授業への参加度受講者の発表(プレゼン)
出席
教員独自項目※
600020020
※成績評価
割合の教員独自項目
備考
化学生命環境学科共通科目。化学コース選択必修科目。メール(kure@cc.nara-wu.ac.jp)で連絡するか、あるいはオフィス(C棟C332号室)に直接訪ねること
更新日付2015/01/07 09:41:36