国立大学法人 奈良女子大学 理学部化学科・大学院化学専攻 物質の本質と機能を原子・分子レベルで解き明かす

高校生のための研究紹介

高校生のみなさん、「理学部」の「化学科」はどのようなことを学ぶところなのでしょうか?化学科の授業内容はこのホームぺージの別のコーナーに載せていますが、そもそも理科系である私たち化学科の大きな特色は、皆さん方が大学入学後、単に講義やセミナーのような「勉強」だけをするのではなくて、実際に自分の手や頭を働かせて「研究」をすることにあります。
 本学科では4年生になれば、「卒業研究」を1年間行います。これは各自の志向や興味に応じて、いずれかの教官研究室を選択し、教官の指導のもとで、化学の「研究」を行うものです(研究室配属)。教官はいずれも化学という学問分野で活躍する「化学者」であり、プロの研究者です。その教官の研究室に入門し卒業研究を行います。卒業研究は3年生までに経験してきたような、既に結果の知られていることを調べるような練習実験ではありません。そうではなくて、まだ世界中の誰も知らない物質の現象や性質を見つけたり、まだ人類が手にしていないような物質を新たに作ったりするのです。もちろん、教科書や本に“こうやればできますよ”ということが書いてあるわけではありません。3年生までに化学科の教程で学んだこと、さらに研究室に入ってから新しく学んだことを土台にして、皆さんが新しい道を開拓するのです。研究室に入門するとはじめは右も左もわからないような状況からスタートする場合が多いのですが、それでも1年間研究室で卒業研究に取り組んでいるうちに研究の道筋が次第に見えてきて、しかも自分自身、いっぱしの“科学者”“研究者”になったような(なりかけたような)気分になるものです。もちろん、皆さん一人っきりではありません。卒業研究に際しては、教官の親切な指導や助言、先輩や研究室の仲間とのいろいろな相談が助けになることでしょう。また、研究室でのいろいろな楽しみ(例えばコンパなど)も、日々の研究室生活に潤いを与えることでしょう。
 このような研究室での研究・研究生活は、皆さんの生涯忘れられない記憶になるでしょう。それどころか、皆さんのものの考え方、価値観、生き方を左右するほどの強烈な体験になるに違いありません。本に書かれたことを学ぶことだけでは、真に自然科学を学んだことになりません。もともと理科系の学問は自然を観察して素朴に “なぜだろう?”“どうしてだろう”と考えることから始まっています(化学の場合は物質に対する素朴な問いかけということになりましょう)。皆さんはもしかしたらこれまでそういうことを考えるチャンスに必ずしも恵まれていなかったかもしれませんが、それでもなお、皆さんは理科が好きでこのホームページを見て下さっています。

新たな知識、新たな化学が自分の目の前に産み出される瞬間を経験すること、またその瞬間を研究室の指導教官や仲間と共有すること、これらは理科系の研究室で研究生活を送った者のみが知っている貴重な経験であり、喜びです。卒業してどの進路に進むにせよ、大学生活でのこのような刺激的で知的におもしろい経験は格別です。おもしろくて毎日がいきいきと充実した感じがします。自分一人が世界で真っ先にそのデータを出したという事実とその喜び、まだ地球上に存在しなかった物質を自分が初めて造り出した喜び、さんざん苦心の果てにようやくよいデータが得られた喜び、難解な理論の勉強が終わって理論計算のためのプログラムを完成させた瞬間、いずれも皆さんがこれから私たちの奈良女子大学理学部化学科で実感することになるでしょう。
 1年間の研究に満足せずさらに進めてゆくには、大学院に進学して研究を進めることができます。早ければ研究室配属後1年やそこらで、学術論文雑誌に掲載するに値するデータを出す学生さんも少なからずいます。
 皆さんがいま胸に秘めている化学へのそこはかとない(しかし半ば漠然とした)興味の炎を静かに燃やしつづけ、私たちと一緒に勉強し、化学に対するさらに深い理解と洞察力を身につけ、物質の多様性の中に潜む真実を皆さんが見つけだし、汲み取られんことを望みます。私たちと一緒に化学しましょう!
Welcome to our Department of Chemistry! Join us to produce new chemistry!

ページトップへ

下の動画は私たち化学科のある研究室における卒業研究や大学院研究の風景です。
“Windows Media Player動画(.wmvファイル形式、おおむね70〜180キロバイト程度の容量)”
または“Quick time動画(.mov形式、おおむね4〜24メガバイトの容量)”のいずれかをクリックすると動画
をご覧になれます。Windows Media Player動画の方が画質は悪いですがファイル容量が少なくて回線に負担がかからないので(早く転送できる)、お奨めです。

理論系の研究室(勉強風景)

理論系の研究室(自分の出したデータを解析しています)

実験系の研究室(新しい物質を開発しています)

実験系の研究室

実験系の研究室(合成した物質を分析しているシーンです)

ページトップへ