国立大学法人 奈良女子大学 理学部化学科・大学院化学専攻 物質の本質と機能を原子・分子レベルで解き明かす

大学院(博士前期課程)化学専攻
平成23年度入学・平成22年度秋季入学 選抜方法について

一般選抜

次のいずれかに該当する女子を対象に行う一般的な選抜試験です。第1、2次募集および秋季募集実施。

平成22年度(平成22年4月)入学対象者

(1)学校教育法第83条に規定する大学を卒業した者及び平成23年3月までに卒業見込みの者
(2)学校教育法第104条第4項の規定により学士の学位を授与された者及び平成23年3月までに授与される見込みの者(注1)
(3)外国において、学校教育における16年の課程を修了した者及び平成23年3月までに修了見込みの者
(4)外国の学校が行う通信教育における授業科目を我が国において履修することにより当該外国の学校教育における16年の課程を修了した者及び平成23年3月までに修了見込みの者
(5)我が国において、外国の大学の課程(その修了者が当該外国の学校教育における16年の課程を修了したとされるものに限る。)を有するものとして当該外国の学校教育制度において位置付けられた教育施設であって、文部科学大臣が別に指定するものの当該課程を修了した者及び平成23年3月までに修了見込みの者
(6)専修学校の専門課程(修業年限が4年以上であることその他の文部科学大臣が定める基準を満たすものに限る。)で文部科学大臣が別に指定するものを文部科学大臣が定める日以後に修了した者及び平成23年3月までに修了見込みの者
(7)文部科学大臣の指定した者(注2)
(8)平成23年3月末日において大学に3年以上在学(休学期間は含みません。)し、又は外国において学校教育における15年の課程を修了し、所定の単位を優れた成績をもって修得したものと本学大学院において認めた者(注3)
(9)本学大学院において、個別の入学資格審査により、大学を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者で、22歳に達した者及び平成23年3月31日までに22歳に達する者(注4)

平成21年度秋期(平成21年10月)入学対象者

上記(1)〜(9)の全てについて、平成23年3月31日を平成22年9月30日と読み換えてください。

備 考
(注1)大学評価・学位授与機構から学士の学位を授与された者及び授与される見込みの者を示します。
(注2)旧大学令による大学、各省庁組織令・設置法による大学校等を卒業した者及び卒業見込みの者並びに教育職員免許法(昭和24年法律第147号)による小学校、中学校、高等学校若しくは幼稚園の教諭若しくは養護教諭の専修免許状又は一種免許状を有する者で22歳に達したもの(平成23年3月31日(秋季募集は平成22年9月30日)までに22歳に達する者を含む。)等を示します。
(注3)出願資格(8)により出願しようとする者は、出願に先立って、本学大学院の入学資格審査を必要とします。
【7月の第1次試験を受験しようとする者】平成22年5月28日(金)まで(必着)
【1月の第2次試験を受験しようとする者】平成22年11月18日(木)まで(必着)
入試課まで提出してください。なお、審査結果は、出願期間の開始日までに通知します。
(注4)出願資格(9)により出願しようとする者は、出願に先立って、本学大学院の入学資格審査を必要とします。本学ホームページ(http://koto.nara-wu.ac.jp/nyusi/inzenki.html)から「奈良女子大学大学院人間文化研究科博士前期課程出願資格個別審査申請書 」の様式をダウンロードし、所定の事項(学修歴・研究歴及び研究分野・課題等)を記入のうえ、
【7月実施の試験に出願しようとする者】平成22年5月28日(金)まで(必着)
【1月実施の試験に出願しようとする者】平成22年11月18日(木)まで(必着)
奈良女子大学入試課まで提出してください。なお、審査結果は、出願期間の開始日までに通知します。

一般選抜の試験科目(7月入試)
試験科目 試験時間 備 考
専門科目 10:00〜12:00 化学の基礎的問題(化学英語を含む基礎化学、無機化学、有機化学、物理化学)
関数機能付電子卓上計算機(辞書機能及び数式等を記憶できるメモリー機能のないもの)の使用を認めます。英語辞書の使用は認めません。
口述試験 15:00〜  
一般選抜の試験科目(1月入試)
試験科目 試験時間 備 考
口述試験 10:00〜 提出した書類(志望理由書及び卒業研究概要)や化学、英語に関して設問を行います。
資料の持込はできません。 

その他、詳細については本学入試課のページもご覧下さい。

ページットップへ

推薦選抜

化学専攻では、先端基礎化学やそれに関連した学際領域分野において高い研究能力を持ち、また、その専門知識や技術を基盤に国内外の様々な方面において活躍できる人材の育成を目指しています。このような目標に向けて、化学の専門分野において高い学力と優れた資質を持つ学生を広く募集するため、推薦による選抜試験を実施します。推薦選抜は、平成22年5月22日(土)にのみ実施します。

出願資格

次のいずれかに該当する女子で、合格した場合には入学することを確約できる者に限ります。

なお、(1)から(7)までについては、推薦選抜を実施する専攻(物理科学専攻、化学専攻及び情報科学専攻)すべてに該当し、(8)及び(9)については化学専攻のみに該当する出願資格です。

平成22年度(平成22年4月)入学対象者

(1)学校教育法第83条に規定する大学を卒業した者及び平成23年3月までに卒業見込みの者
(2)学校教育法第104条第4項の規定により学士の学位を授与された者及び平成23年3月までに授与される見込みの者(注1)
(3)外国において、学校教育における16年の課程を修了した者及び平成23年3月までに修了見込みの者
(4)外国の学校が行う通信教育における授業科目を我が国において履修することにより当該外国の学校教育における16年の課程を修了した者及び平成23年3月までに修了見込みの者
(5)我が国において、外国の大学の課程(その修了者が当該外国の学校教育における16年の課程を修了したとされるものに限る。)を有するものとして当該外国の学校教育制度において位置付けられた教育施設であって、文部科学大臣が別に指定するものの当該課程を修了した者及び平成23年3月までに修了見込みの者
(6)専修学校の専門課程(修業年限が4年以上であることその他の文部科学大臣が定める基準を満たすものに限る。)で文部科学大臣が別に指定するものを文部科学大臣が定める日以後に修了した者及び平成23年3月までに修了見込みの者
(7)文部科学大臣の指定した者(注2)
(8)平成23年3月末日において大学に3年以上在学(休学期間は含みません。)し、又は外国において学校教育における15年の課程を修了し、所定の単位を優れた成績をもって修得したものと本学大学院において認めた者(注3)
(9)本学大学院において、個別の入学資格審査により、大学を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者で、22歳に達した者及び平成23年3月31日までに22歳に達する者(注4)

平成21年度秋季(平成21年10月)入学対象者

上記(1)〜(9)の全てについて、平成23年3月31日を平成22年9月30日と読み換えてください。

備 考
(注1)大学評価・学位授与機構から学士の学位を授与された者及び授与される見込みの者を示します。
(注2)旧大学令による大学、各省庁組織令・設置法による大学校等を卒業した者及び卒業見込みの者並びに教育職員免許法(昭和24年法律第147号)による小学校、中学校、高等学校若しくは幼稚園の教諭若しくは養護教諭の専修免許状又は一種免許状を有する者で22歳に達したもの(平成23年3月31日(秋季募集は平成22年9月30日)までに22歳に達する者を含む。)等を示します。
(注3)出願資格(8)により出願しようとする者は、出願に先立って、本学大学院の入学資格審査を必要とします。平成22年4月19日(月)までに、入試課に提出してください。なお、審査結果は、出願期間の開始日までに通知します。
(注4)出願資格(9)により出願しようとする者は、出願に先立って、本学大学院の入学資格審査を必要とします。本学ホームページ(http://koto.nara-wu.ac.jp/nyusi/inzenki.html)から「奈良女子大学大学院人間文化研究科博士前期課程出願資格個別審査申請書」の様式をダウンロードし、所定の事項(学修歴・研究歴及び研究分野・課題等)を記入のうえ、平成22年4月19日(月)まで、奈良女子大学入試課に提出してください。なお、審査結果は、出願期間の開始日までに通知します。

推薦選抜の試験科目
試験科目 試験時間 備 考
口述試験 10:30〜 志望理由や提出した「研究希望調書」の内容について行います。

その他、詳細については本学入試課のページもご覧下さい。

ページットップへ

社会人特別選抜

大学院化学専攻では、近年の科学技術の急速な発展と社会環境の激変に伴う人間生活に係わる諸問題の研究についての社会的要請を踏まえ、優れた研究者の養成を目指すだけでなく、高度な知識や専門的能力を必要とする社会人の再教育や学習ニーズに対する需要に応えるため、社会人特別選抜を実施します。出願は、次のいずれかに該当し、かつ平成23年3月末(秋季募集は平成22年9月末)までに2年以上の社会経験を経た女子(社会経験の内容を限定しません)に限ります。第1、2次募集および秋季募集実施。

(1)学校教育法第83条に規定する大学を卒業した者
(2)学校教育法104条第4項の規定により学士の学位を授与された者(注1)
(3)外国において、学校教育における16年の課程を修了した者
(4)外国の学校が行う通信教育における授業科目を我が国において履修することにより当該外国の学校教育における16年の課程を修了した者
(5)我が国において、外国の大学の課程(その修了者が当該外国の学校教育における16年の課程を修了したとされるものに限る。)を有するものとして当該外国の学校教育制度において位置付けられた教育施設であって、文部科学大臣が別に指定するものの当該課程を修了した者
(6)専修学校の専門課程(修業年限が4年以上であることその他の文部科学大臣が定める基準を満たすものに限る。)で文部科学大臣が別に指定するものを文部科学大臣が定める日以後に修了した者
(7)文部科学大臣の指定した者(注2)
(8)本学大学院において、個別の入学資格審査により、大学を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者で、22歳に達した者及び平成23年3月31日(秋季募集は平成21年9月30日)までに22歳に達する者(注3)

備 考
(注1)大学評価・学位授与機構から学士の学位を授与された者を示します。
(注2)旧大学令による大学、各省庁組織令・設置法による大学校等を卒業した者及び教育職員免許法(昭和24年法律第147号)による小学校、中学校、高等学校若しくは幼稚園の教諭若しくは養護教諭の専修免許状又は一種免許状を有する者で22歳に達したもの等を示します。
(注3)出願資格(8)により出願しようとする者は、出願に先立って、本学大学院の入学資格審査を必要とします。本学ホームページ(http://koto.nara-wu.ac.jp/nyusi/inzenki.html)から「奈良女子大学大学院人間文化研究科博士前期課程出願資格個別審査申請書」の様式をダウンロードし、所定の事項(学修歴・研究歴及び研究分野・課題等)を記入のうえ、
【7月実施の試験に出願しようとする者】平成22年5月28日(金)まで(必着)
【1月実施の試験に出願しようとする者】平成22年11月18日(木)まで(必着)
奈良女子大学入試課まで提出してください。なお、審査結果は、出願期間の開始日までに通知します。

社会人特別選抜の試験科目(7月入試)
試験科目 試験時間 備 考
専門科目 10:00〜12:00 化学の基礎的問題(化学英語を含む基礎化学、無機化学、有機化学、物理化学)の中から2分野を選択してください。
関数機能付電子卓上計算機(辞書機能及び数式等を記憶できるメモリー機能のないもの)の使用を認めます。英語辞書の使用は認めません。
口述試験 15:00〜  
社会人特別選抜の試験科目(1月入試)
試験科目 試験時間 備 考
口述試験 10:00〜 提出した書類(志望理由書)や化学、英語に関して設問を行います。資料の持込はできません。

その他、詳細については本学入試課のページもご覧下さい。

ページットップへ

外国人留学生特別選抜

留学の目的をもって日本に入国した外国人又は入国しようとする外国人で、次のいずれかに該当する女子を対象にした選抜試験入学です。第1、2次募集および秋季募集実施。

(1)学校教育法第83条に規定する大学を卒業した者及び平成23年3月(秋季募集は平成22年9月)までに卒業見込みの者
(2)外国において学校教育における16年の課程を修了した者及び平成23年3月(秋季募集は平成22年9月)までに修了見込みの者
(3)外国の学校が行う通信教育における授業科目を我が国において履修することにより当該外国の学校教育における16年の課程を修了した者及び平成23年3月(秋季募集は平成22年9月)までに修了見込みの者
(4)我が国において、外国の大学の課程(その修了者が当該外国の学校教育における16年の課程を修了したとされるものに限る。)を有するものとして当該外国の学校教育制度において位置付けられた教育施設であって、文部科学大臣が別に指定するものの当該課程を修了した者及び平成23年3月(秋季募集は平成22年9月)までに修了見込みの者
(5)専修学校の専門課程(修業年限が4年以上であることその他の文部科学大臣が定める基準を満たすものに限る。)で文部科学大臣が別に指定するものを文部科学大臣が定める日以後に修了した者及び平成23年3月(秋季募集は平成22年9月)までに修了見込みの者
(6)文部科学大臣の指定した者
(7)本学大学院において、個別の入学資格審査により、大学を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者で、22歳に達した者及び平成23年3月31日(秋季募集は平成22年9月30日)までに22歳に達する者(※注)

(※注) 出願資格(7)により出願しようとする者は、出願に先立って、本学大学院の入学資格審査を必要とします。本学ホームページ(http://koto.nara-wu.ac.jp/nyusi/inzenki.html)から「奈良女子大学大学院人間文化研究科博士前期課程出願資格個別審査申請書」の様式をダウンロードし、所定の事項(学修歴・研究歴及び研究分野・課題等)を記入のうえ、
【7月実施の試験に出願しようとする者】平成22年5月28日(金)まで(必着)
【1月実施の試験に出願しようとする者】平成22年11月18日(木)まで(必着)
奈良女子大学入試課まで提出してください。なお、審査結果は、出願期間の開始日までに通知します。

外国人留学生特別選抜の試験科目(7月入試)
試験科目 試験時間 備 考
専門科目 10:00〜12:00 化学の基礎的問題(化学英語を含む基礎化学、無機化学、有機化学、物理化学)
関数機能付電子卓上計算機(辞書機能及び数式等を記憶できるメモリー機能のないもの)の使用を認めます。英語辞書の使用は認めません。
試験は「日本語」又は「英語」のどちらかで受験できます。 
口述試験 15:00〜 試験は「日本語」又は「英語」のどちらかで受験できます。 
外国人留学生特別選抜の試験科目(1月入試)
試験科目 試験時間 備 考
口述試験 10:00〜 提出した書類(志望理由書及び卒業研究概要)や化学、英語に関して設問を行います。資料の持込はできません。
試験は「日本語」又は「英語」のどちらかで受験できます。 

その他、詳細については本学入試課のページもご覧下さい。

ページットップへ

学際領域特別選抜

近年急速な進歩を遂げている学際分野で活躍できる人材、また、化学を基礎とした新たな学際分野を開拓できる人材を育成するために、化学専攻では平成18年度入学者募集から新たに学際領域特別選抜を設け、大学の学部レベルで化学以外の学問分野を主専攻とした幅広い学生を積極的に受け入れることにしました。化学を主専攻としない学部・学科を卒業又は卒業見込みの者で、化学又は化学に関する学際領域の研究を希望するものは、以下の要領で「学際領域特別選抜」を受験することができます。
第1、2次募集実施。

化学に関する学際領域の研究を希望する者で次のいずれかに該当し、事前審査(下記「●学際領域特別選抜出願資格の事前審査」参照)によりこの特別選抜制度による受験が適当であると認めた女子とします。
(1)学校教育法第83条に規定する大学を卒業した者及び平成23年3月までに卒業見込みの者。ただし、「化学」を主専攻とする大学学部・学科を卒業した者及び卒業見込みの者を除く。
(2)学校教育法第104条第4項の規定により学士の学位を授与された者及び平成23年3月までに授与される見込みの者(注1)
(3)外国において、学校教育における16年の課程を修了した者及び平成23年3月までに修了見込みの者
(4)外国の学校が行う通信教育における授業科目を我が国において履修することにより当該外国の学校教育における16年の課程を修了した者及び平成23年3月までに修了見込みの者
(5)我が国において、外国の大学の課程(その修了者が当該外国の学校教育における16年の課程を修了したとされるものに限る。)を有するものとして当該外国の学校教育制度において位置付けられた教育施設であって、文部科学大臣が別に指定するものの当該課程を修了した者及び平成23年3月までに修了見込みの者
(6)専修学校の専門課程(修業年限が4年以上であることその他の文部科学大臣が定める基準を満たすものに限る。)で文部科学大臣が別に指定するものを文部科学大臣が定める日以後に修了した者及び平成23年3月までに修了見込みの者
(7)文部科学大臣の指定した者(注2)
(8)平成23年3月末日において大学に3年以上在学(休学期間は含みません。)し、又は外国において学校教育における15年の課程を修了し、所定の単位を優れた成績をもって修得したものと本学大学院において認めた者(注3)
(9)本学大学院において、個別の入学資格審査により、大学を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者で、22歳に達した者及び平成23年3月31日までに22歳に達する者(注4)

備 考
(注1)大学評価・学位授与機構から学士の学位を授与された者及び授与される見込みの者を示します。
(注2)旧大学令による大学、各省庁組織令・設置法による大学校等を卒業した者及び卒業見込みの者並びに教育職員免許法(昭和24年法律第147号)による小学校、中学校、高等学校若しくは幼稚園の教諭若しくは養護教諭の専修免許状又は一種免許状を有する者で22歳に達したもの(平成23年3月31日までに22歳に達する者を含む。)等を示します。   
(注3)出願資格(8)により出願しようとする者は、出願に先立って、本学大学院の入学資格審査を必要とします。大学在学期間証明書、当該大学・学部の履修要項等卒業に必要な科目及び単位を確認できる書類、及び平成22年3月末日において出願資格を満たす見込みの者にあっては現在履修中の科目及びその単位数を確認できる書類を、下記「○学際領域特別選抜出願資格の事前審査」に必要な提出書類とともに奈良女子大学入試課に提出してください。
(注4)出願資格(9)により出願しようとする者は、出願に先立って、本学大学院の入学資格審査を必要とします。本学ホームページ(http://koto.nara-wu.ac.jp/nyusi/inzenki.html)から「奈良女子大学大学院人間文化研究科博士前期課程出願資格個別審査申請書」の様式をダウンロードし、所定の事項(学修歴・研究歴及び研究分野・課題等)を記入のうえ、最終学校卒業証明書、最終学校の成績証明書及び研究計画書並びに学術論文、研究成果等審査の参考となる資料を、下記「○学際領域特別選抜出願資格の事前審査」に必要な提出書類とともに奈良女子大学入試課に提出してください。なお、出願資格個別審査申請書の様式をダウンロードできない場合には、入試課(TEL 0742−20−3023)にご連絡ください。

○学際領域特別選抜出願資格の事前審査

この特別選抜は、事前審査による出願資格の認定を受けた上で出願してください。審査においては、上記「出願資格(1)」該当者については、化学に関する専門科目の履修により修得した単位数が、全修得単位数の半分未満であること、その他の出願資格においてもそれと同等と認められる者について出願を認めます。「化学に関する専門科目」とは、奈良女子大学理学部化学科で開講する専門科目に相当するものとします。なお、申請に先立ち、入試課に連絡し相談してください。

ページットップへ
資格審査における提出書類等について

1.卒業証明書又は卒業見込証明書
2.成績証明書
・大学、短期大学、高等専門学校、専修学校専門課程等高等教育機関(外国におけるこれらに相当する学校を含む。)の課程において履修した全ての科目について提出してください。
・出身大学等において厳封したもの。ただし、証明書自動発行機で発行された証明書で、不正防止処理を施してあるもの(複写すると「複写」の文字が浮き出るものなど)は、厳封していなくてもかまいません。
・審査上必要があるときは、科目の概要等が確認できる書類の提出を追加して求める場合があります。
3.学士の学位証明等
出願資格の(2)に該当する者のみ提出してください。
【大学評価・学位授与機構から学士の学位を授与された者】
学位授与証明書
【大学評価・学位授与機構に学士の学位授与を申請中(予定)の者】
短期大学長又は高等専門学校長が証明する「学位授与申請(予定)証明書」
4.志望理由書
本学所定用紙により提出してください。本学ホームページからダウンロードしたものを使用することもできます。
5.卒業研究概要  
本学所定用紙により提出してください。本学ホームページからダウンロードしたものを使用することもできます。1月実施の試験に出願する者のみ提出してください。(7月実施の試験に出願する者は不要です。)
6.返信用封筒
あて先を明記し、650円分の切手を貼付した定形封筒(長形3号)を添付してください。

資格審査書類の提出期限等

「学際領域特別選抜出願資格審査書類在中」と封筒に明記し、上記(1)に示す提出書類等を、
【7月実施の試験に出願しようとする者】平成22年5月28日(金)まで(必着)
【1月実施の試験に出願しようとする者】平成22年11月18日(木)まで(必着)
奈良女子大学入試課まで提出してください。

資格審査結果等の通知

審査結果は、出願期間の開始日までに、上記出願資格の(8)又は(9)に該当する者にあっては本学大学院の入学資格審査の結果とともに、通知します。なお、資格審査の結果、学際領域特別選抜(化学専攻)による受験が適当でないと判定された場合においても、他の選抜(一般選抜、社会人特別選抜又は外国人留学生特別選抜若しくは推薦選抜)の出願資格を有する場合は、該当する選抜により出願することができます。

学際領域特別選抜の試験科目(7月入試)
試験科目 試験時間 備 考
専門科目 10:00〜12:00 化学の基礎的問題(化学英語を含む基礎化学、無機化学、有機化学、物理化学)の中から1分野及び化学を含んだ学際領域に関する問題から1分野、計2分野を選択してください。
関数機能付電子卓上計算機(辞書機能及び数式等を記憶できるメモリー機能のないもの)の使用を認めます。英語辞書の使用は認めません。
口述試験 15:00〜
学際領域特別選抜の試験科目(1月入試)
試験科目 試験時間 備 考
口述試験 10:00〜 提出した資格審査用の書類(志望理由書及び卒業研究概要)や化学、英語に関して設問を行います。
資料の持込はできません。 

その他、詳細については本学入試課のページもご覧下さい。

問い合わせ先
化学科学科長/化学専攻専攻長 中澤 隆
tel/fax: 0742-20-3396 

奈良女子大学事務局 入試課入学試験係 
〒630-8506奈良市北魚屋東町
tel:0742-20-3058(学部)/0742-20-3023(大学院) fax:0742-20-3354

URL:http://www.nara-wu.ac.jp/entrance.html

ページットップへ