国立大学法人 奈良女子大学 理学部化学科・大学院化学専攻 物質の本質と機能を原子・分子レベルで解き明かす

教育関連のお知らせ

初年次(1年次)における講義科目(その1):化学のための物理I・IIについて

現代の化学を学んで行く上で物理の基礎的な思考力や知識が必要であることはいうまでもありません。しかし、高校で物理を十分学ばないで化学科に入学してくる学生の割合が高いのが現実です。そこで、高校の物理のレベルに立ち戻って、特に化学を学ぶにあたって必要な物理(力学、波動、振動、電磁気)に重点をおいてわかりやすく講義します。元々物理のあまり得意でない学生も化学を学ぶうえで必要な物理の考え方が身につくように工夫されています。

初年次(1年次)における講義科目(その2):基礎化学I〜IVについて

化学科では、1年次において、「基礎化学I」〜「基礎化学IV」が開講されています。この授業で、化学のスペシャリストを目指して入学した皆さんが、高校の化学から大学の化学へスムーズに移行できるように工夫された“学問としての化学”の基礎を学ぶことができます。「基礎化学I」〜「基礎化学IV」の内容は、以下に示すとおりです。

基礎化学I:原子と周期表
基礎化学II:モル・量論、平衡定数、単位・次元・誤差論
基礎化学III:化学結合基礎
基礎化学IV:有機化合物の構造・性質・反応

それぞれの科目について専門家である教員が担当し、充実した内容をわかりやすく講義します。皆さんは「基礎化学I」〜「基礎化学IV」を学ぶことによって、なぜ分子やイオンが特有の性質を示すのか、なぜそのような構造をとるのか、なぜその化学反応が起こるのかなどの“化学の本質”に触れ実感できるでしょう。
 このような授業で化学の土台を築きつつ、一方で二年生から無機化学、有機化学、物理化学のそれぞれの専門的内容を深めていけるようにカリキュラムが組まれています。

これらの講義の詳しい内容は、教務からのお知らせのページから、化学科専門科目のシラバスや時間割を見ることにより知ることができます。

ページトップへ

全国でも個性ある本学化学科・化学専攻の教育制度(早期卒業制度)について
(大学入学から6年(標準)、5年半、5年、4年半、4年(最短)で大学院修士号が取得できます)

本化学科および大学院化学専攻では、平成12・13年度に全国でも個性ある化学科・化学専攻を目指し個々の学生のニーズや学力に柔軟に対応できるカリキュラム(教育制度)を導入しました。その一つの目玉が早期卒業制度です。
 学部は通常は4年かけて卒業しますが、早期卒業制度によると最短3年で卒業でき、また、大学院博士前期課程(修士課程)は通常2年で修了ですが早期卒業すれば最短1年で修了となるものです。ですから、学部と大学院博士前期課程をあわせて最短4年で修了することが可能です(通常ですと4年という期間は学部卒業に要する期間です)。具体的には高校卒業と同時に18歳で本化学科に入学すれば22歳で修士課程を修了することが可能になるわけです。さらに博士後期課程(博士課程)まで進学してもそれが通常は3年の期間ですから、25歳で博士号を取得することが可能になります。学位は、修士は「修士(理学)」、博士は「博士(理学)」(昔の“理学博士”)になります。これらの早期卒業制度は画一的なものではなく、個々の学生の意欲や学力、さらには、将来の進路などに応じてカリキュラムが柔軟に適用され、学部では3年、3年半、4年(標準)、また、大学院前期課程(修士課程)では1年、1年半、2年(標準)という多様な在学期間で卒業し学位を取得することができます。もちろん大学院の秋季入学(10月入学)制度も既に実施しています。下の図にいろいろな早期卒業のパタンを示しました。
 ちなみに、本化学科では既に平成15年9月に1名、16年9月に6名、17年9月に1名、19年9月に1名の学生が在学3年半で早期卒業しました。また、本化学専攻では、平成13年3月に4名の学生が在学1年で早期卒業し、修士(理学)の学位を得、博士後期課程に進学し、平成18年3月には学部を3年半で卒業した2名の学生が在学1年半で修士(理学)の学位を得て企業に就職しました。
 個性ある本学化学科・化学専攻の教育制度を利用して、皆さんの洋々たる夢や願いを実現してください。

ページトップへ